コラム

HOME > コラム

探偵と法律

2018年05月30日

『探偵に絡む法律』



仕事柄、法律は深く関わってきます。特に絡むのは、『個人情報保護』に関してと、『不法侵入』、『付きまとい』についてでしょう。それぞれ細かい法律のくくりがありますが、ここでは割愛します。

大事なのは、探偵業者だからといって、それぞれの法規制から免除されるというわけではないということです。あくまで業務は法律の枠内で行うべきなのです。

調査員の中には、勇猛果敢にこの法律の枠組みを飛び越えることを持ち味のようにアピールする『猪突猛進タイプ』も居ますが、私が長年見たところ、そういうタイプはあまり長続きしません。

「探偵業者が法律を破る=依頼人にとっての不利益」

それが私の持論です。そこを意識しないのはプロ意識が低いというのが個人的な見解です。



『探偵は法律を免れない』



しかし、依頼人の方の中には、警察や弁護士のように職業的権利や特殊な資格によって、探偵もまた「法律から免除される」と思い込んでいる方も居ます。

まずこの誤解を解き、考え方のズレを是正することが、探偵と依頼人の相互理解に結びつきます。

依頼人の方としては、「お金を払う以上、自分に出来ないことはなんでもやってもらいたい」というのが本音でしょう。
探偵は、一般人にできないことが可能な特別な職業という意識を持って当然です。

しかし、出来ることと出来ないことが明確である以上、その線引きをきちんとしていないとトラブルを招きます。



『特に多いトラブル』



あくまで私の経験上の実感ですが、特に問題になるのは、以下のシチュエーションです。


 一 オートロックマンションに勝手に入る
 二 門扉が閉ざされた戸建ての壁を乗り越えて中に入る
 三 「部外者立ち入り禁止」のエリアに入る
 四 望遠で窓から個室内を撮影する
 五 私有地に監視カメラ等隠し機材を設置する


他にも多数あって細かく書くときりがないので、五つほど挙げました。




『トラブルを回避するには』


上記の五つはどれも、まじめに調査を実施していたら自然と直面するシチュエーションです。
調査員の中には、「こういうのでビビってたら仕事にならん」と言うひとも居るでしょう。

けれど、調査を工夫し、別のやり方を採ることで、法律に抵触する強引なやり方を回避できるはずです。

それは、場合によっては遠回りでまわりくどい方法だったりします。余計な時間と手間がかかることも多いです。依頼人の方にとっても、まどろっこしいかもしれません。

しかし、「探偵が法律に抵触する=依頼人にとっての不利益」である以上、短絡的なやり方がベストではないのです。



『まとめ』



だからこそ、その事実を、探偵業者はしっかり説明し、信頼関係を築いたうえで仕事をするべきです。


まとめると、「探偵だからといって法に触れるような強引な調査は避けるべきですし、依頼人の方もそれを望むべきではない」ということです。

必ず、もっといい方法や手法があるはずです。そして、それを依頼人の方にきちんと提案出来るのが良い探偵業者なのです。