福岡の探偵・浮気調査 | もり探偵事務所

0120-998-993 お問い合わせ

監視カメラと愚直な張り込み

炎天下の調査

連日40℃近いというのに、先日の調査では、エンジンを切った炎天下の車内に、三時間張り込みました。

もちろん、私だってクーラーはつけたかったんですが、シビアな調査の現場では、「エンジンをつけた車がそこに停まっているだけで、すぐに通報され、駆けつけた警察に調査の邪魔をされる」という状況がたまにあるのです。まさに今回がそれでした。

探偵であれば警察も見逃してくれる、なんてことはありません。

調査会社によっては、「ウチは警察に顔が効くから、大丈夫」とうそぶくところがありますが、ハッタリです。

 

自称・元警察の探偵

たしかに、探偵の中にはマレに『元警察官』というタイプも居て、勤務していた所轄の警察署には顔が覚えられていることもありますが、そういうひとはだいたい『厄介なOB』として嫌がられています。

警察官とて、妙なことに首を突っ込んで出世街道を外れたくはありませんから、そういう面倒くさいOBとは関わりたくないというのが本音なのです。

ましてや、警ら中のパトカーに対する影響力なんて皆無でしょう。

そもそも警察は、市民の通報に応える義務があります。

不審者通報を受けて、その相手をそのまま見逃すことはできません。

通報したひとのところに行き、「あれはタンテーさんが浮気調査で張り込んでいるだけですよ」と説明して、納得でもさせない限りは、職務怠慢となってしまいます。

そして、そんなことは絶対にありませんから、警察官の立場として、通報された怪しい探偵には四の五の言わずどこかへ移動してもらわないことには、引き下がれないのです。

 

愚直こそ調査の王道

結局は、『通報されないように張り込む』……現場ではそれしかありません。

そこで登場するのが隠し監視カメラ。

プロの探偵らしく、隠しカメラを設置すれば……そう考えるのが自然でしょう。

実際に、ほとんどの探偵は、張り込みが厳しい現場では、オンラインで制御できる隠しカメラを設置して調査を行います。

「炎天下の車内で、エンジンを切ったまま三時間張り込んだ」

それを聞いた同業者は、あるいは、「それ機材を持っていない貧乏探偵か、使いこなせないオジサン探偵ですよ」と苦笑するかもしれません。

しかし、そんなに底の浅い話ではないのです。

私のこの慎重さを笑うのは、たいした場数を踏んでいない経験の浅い探偵か、トラブルは依頼人にすべておっかぶせ、保身を真っ先に考える無責任探偵のどちらかでしょう。

 

調査対象者の反撃

調査対象者の中には、ときどき、とても手強い相手が居ます。

自分の弱みは握らせないよう、慎重に振る舞いつつ、依頼人サイドの落ち度がないか虎視眈々と狙う……そんな強敵です。

そういう相手は、浮気調査をしてもなかなか尻尾を出さないばかりか、誰かが自分を調べていないか、逆に突き止めようとします。

そんな相手にヘタに隠しカメラなんか使おうものなら、嬉々として発見・回収されたあげく、

「こんなものを設置され、プライバシーを激しく毀損され、平穏な暮らしを破壊された!」と依頼人サイドを攻撃してきます。

その時点で、相手の弱みである『浮気の証拠』等を確保できていればまだいいほうですが、確保できていないとしたら……

一方的に依頼人様が相手から責められ、不利な状況になってしまうおそれがあります。

 

探偵の保身

探偵は、ほとんどの場合、調査前の契約書にて『調査中に発生した問題やトラブル、その結果生じた依頼人の不利益に対して、一切責任は負わない』という条件を設けます。

具体的には、「調査に必要な機材(ようは、隠しカメラやGPSです)を使用し、それによって生じた結果について、いっさい責任は負わない」という一文、あるいはそういう内容の書類に別途記名させ、保身をはかります。

つまり、依頼人様だけが、不利益をすべて負うことになるわけです。

我々も、プロとして不特定多数の業務を請け負う以上、線引は必要です。

ただでさえリスクがある『行動調査』において、何もかもすべての責任を負うというのは、さすがに出来かねます。

だから、そういった身を守るための契約条件や特記事項は、継続して仕事を続けていくために、どうしても必要なものではあります。

しかし、依頼人サイドからすれば、ドライで無責任な「逃げ」の項目であることも否めません。

 

慎重さは依頼人のプラスになる

だからこそ、リスクはできる限り避けるスタンスがなにより重要です。それは、言ってみれば、【探偵の良心】なのです。

かりにリスクが発生しても、必要以上の責任を負わない……そう割り切って調査をするのが、業者としては楽です。

張り込みが難しい場所であれば、依頼人に「隠しカメラが見つかっても構いません」と書いた書類にサインさせ、さっさと設置すればいい。

エンジンをかけた車で一時間も停まっていたら、すぐに警察が飛んできて調査できなくなる現場でも、同様です。

しかし、安直にそれを選ぶことで、万が一のとき依頼人様に不利益が生じるというなら……

「難しい現場でもなんとか張り込める場所を探し出す」

「たとえ異常な酷暑であっても、エンジンを切った炎天下の車中にひそむ」

それを選択する探偵は、ひとえに、自分が消耗することでリスクを抑えられるなら、というプロ意識の発露に他なりません。

そして、私が便利な機材に頼らず、泥臭い、昔ながらの体を張った張り込みにこだわる理由でもあります。

 

すべては依頼人様のために

覚えておいてください。私は『機材を持っていない貧乏探偵』でも『使いこなせないオジサン探偵』でもありません。

ただ、長年の経験で、

『現場ではなにが起こるかわからない』『隠したものはふとした弾みですぐに見つかる』『対象者の中には喜んでこちらの落ち度を探す強敵が居る』『発覚リスクはすべて依頼人様の不利益になる』『自分が消耗して大変な目にあえば、リスクは限りなく抑えられる』

……それを身にしみてわかっているだけなのです。

「自分よりも依頼人様のため」という愚直な良心。これは、すべての探偵が持っているわけでは、決してありません。

 

隠しカメラ設置リスクの目安

最後に現場における、『隠しカメラ設置リスク』の目安を記します。

左ほど発覚リスク(つまりは依頼人様の不利益)が高くなります。一番右のリスクは0%です。

 

  偽装せずにそのまま設置 < 適当な偽装を施し設置 < 充分な偽装を施し設置 < 隠しカメラを使わない

  一般の方が設置 < 新人調査員が設置 < 熟練の探偵が設置 < 隠しカメラを使わない

 

 

コメントを残す