探偵の料金は高い?

探偵の料金は高いというイメージを持たれている方がほとんどです。

そしてそれはある意味では間違ってはいません。

「特定人物の究極の個人情報」であり「裁判でも通用するレベルの証拠」を「何日もかけて確保する」という業務の性質上、どうしても「これだけは最低限必要」という金額があるからです。

 

調査会社によって料金の幅がある

高いのが当たり前と言っても、調査会社によって料金の幅はあります。

どうしても必要な調査費用以外の、「+アルファとなる部分」が、調査会社によってまったく違うからです。

その+アルファとは、【人件費】や【広告費】【事務所賃料】その他の様々な【営業経費】です。

はっきり言ってしまえば、天神や博多など一等地に事務所を構え、ネット検索で上位にヒットするよう莫大な広告料金をかければ、それだけで【営業経費】はものすごく高くなります。

また、調査員も通常二人で充分な現場で、四人も五人も使えば【人件費】はそれだけ高くつきます。

つまり、【絶対必要な調査料金】+【高い営業経費】+【高い人件費】=【とても高い探偵料金】という図式になってしまうわけです。

 

適性な料金の実現

もり探偵事務所は個人探偵事務所ですが、その分【広告費】や【人件費】などを限りなく抑えており、ただでさえ【高い探偵料金】を少しでも安く出来るよう努力しています。

【どうしても必要な最低限の部分】を削ってまでありえない【激安料金】を実現するのは適正料金とは言えません。

そして、過剰に【広告費】や【立派な事務所の賃料】を使って【ものすごく高額な料金】になるのも適正料金とは言えないと思っています。

もり探偵事務所のスタンス

ありえないほど激安料金でもなく、過剰なまでの高額でもない、探偵としての【適正料金】で、依頼人様にとって本当に必要な調査を行い、手元に成果が残る仕事を提供する。

これが、もり探偵事務所の20年近く変わらない方針です。

 

こちらの記事もどうぞ  【慰謝料の金額】  【緊急依頼】

 

福岡・北九州・久留米・筑豊の浮気調査 探偵業務は【もり探偵事務所】へ