【素人調査】とは

依頼者様ご自身やご身内、または友人などに協力してもらい探偵の真似事をする事です。

車を借りたりレンタカーを用意しての張り込み・尾行から、GPS機材を用意する本格的なものまで、人によって程度は様々です。

依頼者様の心情としては、ある程度まで自分でやる事で『探偵の料金を安く抑えたい』『可能であれば探偵に依頼せずに済ませたい』というのが本音でしょう。

中には、浮気の確認、相手や手口の判明までは自分でやって、一番難しい【決定的な証拠撮影】や、【不倫相手の自宅の判明】だけは業者に任せようという方も居ます。

 

相手の記憶は消せない

しかし、あくまで【素人調査】ですから、プロとしてオススメはしません。

失敗して相手にバレてしまった場合、以降の調査は非常に難しくなり、リカバリーはほとんど不可能になるからです。

相手の記憶を消すことは絶対に出来ません。一度バレてしまった相手は、時間を置こうが何をしようが、警戒し続ける事になります。

プロの探偵は、どの程度の距離感で調査をすれば相手に警戒されないかを熟知しています。しかし、一般の方にはそれが分かりません。

『証拠を取りたい』と必死になるあまり、【警戒される危険ライン】まで踏み込んで調査をしてしまいがちなのです。

無理した結果、警戒されてしまったり、それどころか相手に詰め寄られたり、不審者として警察に通報されてしまうという事になりかねません。

結局、現場に近づくことすら出来なくなり、その段階で仕方なく探偵にお金を払って依頼しても、結果を出すのはとても難しくなってしまいます。

 

状況の悪化

浮気調査の場合、警戒されたせいで浮気相手との接触を避けるようになり、調査をしても【空振り】ばかりで証拠が取れない事も考えられます。

調査料金を浮かそうと素人調査をした事で、余計に調査が困難になったり、空振りが激増したりで、結果として『高くついてしまう』という悪循環になるおそれがあります。

手遅れになってしまう前に、ぜひ一度ご相談ください。

 

福岡・北九州・久留米・筑豊の浮気調査 探偵業務は もり探偵事務所へ

 

こちらの記事もどうぞ 【友人探偵の浮気調査 その1】 【証拠の確保】