「探偵インフルエンサー」

実は私はちょっとしたインフルエンサーです。

いわゆるSNS上の『インフルエンサー』ではありません。事務所公式Twitterのフォロワーはわずか235人(2021年7月19日現在)。

ネット上のインパクトは、ゼロに等しいです。

じゃあ何をどうinfluenceするというのか。

私のように『行動調査』を主とする探偵は、仕事柄さまざまな場所を飛び回ります。

訪れる場所も、入る店舗も、取り留めというものがありません。調べる対象者が出向く先に、ただひたすら着いていくからです。

その相手が夜遊び好きなタイプなら、夜の街に行きます。

その対象がカフェ好きなら、やたらとカフェに詳しくなります。

浮気でデートするような二人は、なんとなくで店に入るような時間的余裕はないので、たいてい事前にしっかりチェックしておいた『いい店』や『面白い場所』『ステキな観光名所』『穴場のスポット』に行く傾向があります。

だから、そういう人たちの調査をしていると自然にどんどん情報が入ってくるのです。

特に経験上、『顔はパッとしないけどお金はあって女性にマメでモテる』タイプの男性対象者が一番いい情報源。

凝ったデートスポットや、女性ウケのいい名店をやたらと知っているので、そんな人物の調査を一週間もするだけで、かなりの情報通になれます。

また、浮気調査はなにも福岡の近郊だけではありませんから、普通に探偵の仕事をしているだけで、プライベートだけではなかなか知りようもない別のエリア(たとえば、筑豊・北九州・久留米)なんかのいい店や穴場のレストラン、マイナーなスポットなんかも、ぞくぞく知ることができるのです。

探偵は情報通。これは本当に隠れた探偵の特権で、私以外の同業者もきっと賛同してくれることでしょう。

今でこそネット口コミで地元以外の情報も探しやすくなりましたが、福岡以外のあちこちのいい飲食店やデートスポット、隠れ家カフェ、スィーツの名店なんかを知り尽くしているのは、探偵の隠れた能力の一つでした。

実際、調査で「ああ。こんな店があったのか……」とか「こんなところ、この対象者しか知らないんじゃないか」というスポットが、数年経ってからテレビ・雑誌で紹介されたり、ネット上で爆発的人気を得たり……ということも多々あります。

そこで本題です。

私は自分の知る名店や名所、隠れ家カフェ、街の小さな(素晴らしく安くて美味しい)スィーツショップなんかを、いちいちSNSでアップしたりしません。

そのかわり、知人や友人など、身近な人間にはやたらとその情報を教えます。どこの誰かも知らない人々に教えることに価値は見いだせませんが、自分の友人知人にはぜひ喜んでもらいたいからです。

その情報はネットで適当に得たものなどではなく、対象者から『紹介?』されたうえで自分自身が直に行って確かめ、自分の目や舌で「イイネ!」と判断した生きた情報ですから、教えた人からは大変喜ばれます。

そして、その情報があまりに好評であるため、私が教えた人がまわりにまた広めたりして、その情報はネットではなく、人づての、まさに本来の意味での『口コミ』として広がっていきます。

だからこそ、私はちょっとした『探偵インフルエンサー』なのです。

(facebookの友達は300人も居ませんが)

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵です。