婚姻関係の破たんについて

【証拠を押さえられてしまった人の行動】

不倫して探偵に証拠を確保されてしまった相手はあの手この手で悪あがきをします。「知らない。何かの間違いだ」ととぼけたり、嘘に嘘を重ねて下手な言い訳をしたり、おどすような暴言を吐いたり。

今の世の中なら、とりあえず「浮気 ごまかす方法」とか「不倫 証拠 消す」とか「慰謝料 請求 逃げる」とかでネット検索するひとも多いことでしょう。

あるいは、自分の周りに居る経験者(それは探偵に痛い目あわされた経験者か、あるいは浮気の常習的経験者)にでも泣きつき、アドバイスを求めるかもしれません。

そういうひとたちがよくとる最後の手段。それが「婚姻関係の破たん」の主張です。

 

焦りだす当事者

不倫した配偶者およびその相手に対して慰謝料を請求することは、法律で認められています。不倫という言葉は法律用語にはないので、「不法行為」という定義になります。

逆に言えば、不法行為というのは不倫などの夫婦関係に関するものだけではありません。また、民法上の不法行為における慰謝料で請求できるのは、金銭でのみです。その他の方法、例えば「モノ」「権利」「相手に対する行為の要求」で支払わせることはできません。ここは大事な部分ですが、話を広げるとキリがないので、別の機会にします。

話を戻すと、浮気というものを、やるひとは自身はわりと簡単に考えがちですが、それは立派な法律違反であり、おおごとです。

ですから、探偵に証拠を押さえられ、浮気のパートナーの所在地を調べられ、自分と相手に対して高額の慰謝料請求がされてから、初めて必死になる人がとても多いです。

手遅れになってから動き出すという意味では、そういう人はなりふりかまいません。余裕もありませんし、プライドなんかとっくになくしています。

そして、他人からの無責任なアドバイスや、ネット上の情報を、わらにもすがるように真に受けます。

 

【夫婦関係の破綻】

私の経験上、そういう人が一番持ち出す逃げの一手が、「夫婦関係の破たんです」

民法上で、不倫に端を発する不貞行為は、「不貞行為(つまり浮気)をした時点で、夫婦関係が完全に壊れていれば、請求できない」と明言されているからです。

事実上の離婚していたから、他の異性とナニかしてもそれは浮気じゃない、というわけです。これはいかにも浮気をする勝手なパートナーが持ち出しそうな主張です。

もちろん、そう簡単にはいきません。

第一の問題点

第一に、夫婦関係の破たんについては、慰謝料を請求された側、つまり「浮気をした相手」が立証しなくてはなりません。

依頼人様サイドは、粛々と私たち探偵が確保した証拠にて、相手方に対して請求の訴えをすればよく、そして、夫婦関係の破たんというのは、立証が難しいのが現実です。

どういう状態を指すのか具体的に言うと、「別居」です。

とはいえ、夫婦喧嘩してちょっと実家に帰ったり、友人知人の家に短期間泊まらせてもらった程度では、「夫婦関係が破たんしている別居状態」とはなりません。

特に、女性の場合、DVを避ける目的で、一時的に家を出るということが考えられるからです。

ただでさえ、家庭内というのは密室です。夫婦という成人した男女間の状態について、第三者がうかつに決めつけるわけにはいきませんから、客観的な判断をするにしても、そこは慎重になります。

たとえ、片方(浮気した当事者)が一生けんめい「夫婦はもう終わっていた」と言い張っても、依頼人サイドが「そんなことはない。自分は頑張って夫婦を続けていた」と主張すれば、一方的に逃げられることはないと言っていいでしょう。

第二の問題点

第二に、「セックスレス」

よくある話ですが、夫婦関係の破たんと論ずる根拠としては非常にデリケートな問題です。かりに、「一定期間セックスをしなかった夫婦」が破たんした夫婦であると言えるのなら、子供の居る家庭の多くの夫婦が事実上離婚している状態になってしまいます。

ただでさえ、日本人の性生活の頻度は少なめと言われています。「妻が抱かせてくれなかったから、夫婦関係は破たんしたと考えて他の女とヤッたんだ!」という主張は、認められるどころか、DVとみられかねません。

注意しなくてはいけないのは、依頼人サイド、つまり浮気されたはずの被害者である妻(および夫)に、同じような浮気相手が居た場合です。

「相手に裏切られたショックから」「寂しかったから」「性欲を持て余して」「相談に乗って優しくしてくれた相手に求められたから」

……理由はどうあれ、自分も浮気していたとしたら、これはもう『夫婦の破たん』とされても仕方ありません。もちろん、相手がその証拠を押さえていたら、の話にはなりますが。

 

まとめ

すでに証拠を押さえられてしまった浮気者が最後にすがるのが「夫婦関係の事実上の破たん」です。

友人知人や、ネットの入れ知恵で、これを相手が主張してきたとしても、立証責任は相手にありますから、依頼人様はただ「それはありません」と毅然とした態度でのぞめばいいだけです。

ただし、もし、ご本人も離婚前に誰か親密に交際している相手が居るとしたら……それはちゃんと身のまわりが清算されるまでは、絶対に控えるべきでしょう。

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影に特化した福岡県の【行動調査専門】の私立探偵です。