新型コロナウィルス感染症対策に取り組んでいます。

もり探偵事務所 4つのお約束

  1. 秘密は絶対厳守
  2. なるべく空振りを避ける
  3. 絶対にウソをつかない
  4. 料金・契約はわかりやすく

こんなことでお困りではありませんか?

  • 浮気の相手を
    つきとめたい
  • 浮気相手にも
    賠償請求したい
  • 浮気調査の
    見積もりが知りたい
  • 出張見積もり・
    調査を頼みたい
  • 離婚の裁判の
    証拠が欲しい
  • 「今日」緊急の
    調査を依頼したい
  • 盗聴器を
    発見したい
  • なるべく安く
    浮気調査を頼みたい

もり探偵事務所の強み

探偵力に自信

探偵力に自信

「対象者が車を使わない」「乗り換える」「GPSが使えない」「情報がなく動きが読めない」……難しい調査でも、きっちり結果を出します。空振り・調査失敗もほとんどありません。

ムダな人員を使いません

ムダな人員を使いません

代表・森があらゆる調査を手がけます。下請け調査会社や、ムダな人数の調査員、必要ない調査車両を使わず、徹底して経費を節減。料金をおさえ、安心してご依頼いただけます。

報告書に定評があります

報告書に定評があります

鮮明な写真を添付した、見やすい報告書を必ず提出。絶対に認めない相手、平気で嘘をつく相手にも勝てる報告書をご用意します。裁判証拠として、慰謝料請求が可能です。

地域密着型の私立探偵

地域密着型の探偵

2000年に福岡市で開業して以降、県内に未調査のエリアなし。地元・福岡での土地勘・現場経験は、全国ネットの大手探偵社に決して負けません。

万全のアフターサービス

万全のアフターサービス

数多くの依頼人より相談を受けてきた実績から、「調査後はどうすれば良いのか」「報告書や証拠写真を効果的に使うには」を無料でアドバイス。離婚問題に強い女性弁護士のご紹介も承ります。

真面目な個人事務所です

真面目な個人事務所です

個人だからこそ、料金は大手より安く、依頼人さまには誠実に、調査力はどこにも負けないように…。「強引な営業」「手抜きの調査」「不明瞭な料金請求」など、プロとして恥ずべき行為は絶対にやりません!

もり探偵事務所の調査実績

安心してご相談いただけるよう、もり探偵事務所が手がけた調査事例をご紹介します。特に、専門とする行動・浮気調査に関しては、成功率90%以上を自負しております。

(※依頼人様への配慮により、細部については多少変更しております)

事例1ネットで知り合った男性と密会した妻の不貞証拠

事例1 ※画像はイメージです

福岡の三十代女性。子供なし。結婚八年目の夫からのご依頼。自宅を車で出発した後、福岡市中央区今泉のコインパーキングに駐車。徒歩で天神地下街を移動し、天神駅にて若い男性と落ち合う。
二人で地下鉄に乗り込み、大濠公園駅で下車。公園内をデートし、園内のカフェにてお茶をした後、すぐ近くのラブホテルに入る。
三時間経過後、大濠公園駅地下鉄乗り場にて別れる。相手男性は、博多駅から新幹線で関東方面へ帰る。妻が夢中になっていたオンラインゲームで知り合った年下の男性と判明。不倫の証拠を押さえ、調査は成功。日数も短く済み、調査の費用も抑えられた。

ココがPOINT

自家用車で出発したものの、早々にコインパーキングに停め、以降は徒歩で移動したため、GPSだけに頼った調査では追跡不能だった。
相手の素性や事前情報もなく、繁華街や天神地下街、地下鉄を長く移動する高難度の徒歩尾行調査だったが完遂。

事例2浮気相手の部下と出張した人物の私的流用の証拠

事例2 ※画像はイメージです

東京の四十代男性。妻子あり。調査資料は十年以上前の履歴書の写真のみ。福岡空港にて飛行機を降りた後、同行した部下の女性とともにタクシーに乗車。博多駅周辺のオフィス街へ向かい、出張先の支社に入る。
予定時間より早く仕事を終え、流しのタクシーに飛び乗って、ネットで評判の飲食店へ。その後、またタクシーを使って博多駅バスセンターに行き、今度は高速バスに乗車。湯布院温泉へと向かう。
現地到着後、送迎車で郊外の高級旅館にチェックイン。接待と偽り、部下の女性と私的に宿泊した。
かねてより、接待費や出張費用の不正流用が疑われていた人物だったが、その裏付け調査に成功。不倫の証拠も確保する。

ココがPOINT

居住地が福岡から遠く、事前に本人確認する下見調査もできないまま着手。履歴書の若いころの写真のみで、飛行機を降りる大勢の中から、一発勝負で捕捉する。
流しのタクシーを多用し、予想外の長距離高速バスで福岡を離れ、さらには現地到着後、宿名の記載されていない送迎車に乗って郊外に移動という、最悪なまでに難しい行動調査だったが、完遂。

事例3親の金を持ち出して家出した息子の捜索

事例3 ※画像はイメージです

福岡の四十代無職引きこもりの男性。家族からの相談を受け依頼。まじめに働くよう父親に説教された後、家の金を盗んで自宅から失踪。
大学時代を過ごした北九州の小倉北区に居るのではという推理により、小倉駅周辺の滞在型ネットカフェを中心に調査を開始する。
重度のパチンコ好きという本人情報に着目し、小倉周辺のパチンコ屋を当たったところ、整理券を求めて並ぶ朝の行列の中から本人を発見。無事に保護して調査は成功。

ココがPOINT

雲をつかむような困難な調査であったが、少ないヒントを元に捜索範囲を絞り、パチンコ屋に着目することで発見・成功に至った。
失踪後半年以上経過して、二十キロ近く太っており、写真とは別人のような面体だったが、熟練調査員の観察眼により、対象者本人であると見極めた。

代表者あいさつ

浮気、離婚問題。ストーカーや盗聴。どうしても会いたい人との再会。そんな、誰にも言えない悩みや、どこに相談して良いか分からないトラブルを解決し、安心を提供するサービス業……それが「探偵」です。

警察でもなく、弁護士でもなく、探偵こそが力になれる状況が必ずある。これは、22年もの間、地道に探偵業を続け、二千件以上の調査をこなしてきて、自信を持って断言出来ることです。

しかし、いつも思うのは、探偵である自分は、依頼人にとって「ほんとうは関わりたくなかった存在」だということ。

誰だって、お金を払ってまで探偵を使う状況など、ないほうが良いに決まっています。 この気持ちが分かるからこそ、私は調査にも依頼人に対しても、真摯な気持ちで接しようと思うのです。

探偵になんて、依頼するどころか、電話をかけるだけでストレスになる。それはよく分かります。
しかし、そんな探偵が、問題を解決したり、煮詰まった状況を打破出来るのも、また事実なのです。

お金をもらって依頼を引き受ける以上、自分に出来ることを全力でやろう。そして、役割が終われば、依頼人様の人生からは静かに退場しよう。 それが私の理想とする、プロフェッショナル「私立探偵」のあり方です。

私は完璧な人間ではありません。でも、探偵業には誰よりも真剣です。そんな私であれば、きっとあなたのチカラになれるはず。まずはご連絡下さい。

もり探偵事務所 代表