調査の流れ

Survey Flow

「依頼したい気持ちはあるものの、初めてだし不安だ」というお客様の為に、探偵というサービスを利用する際の流れを簡単にご説明します。

01

まずは一本のお電話・メールから

お客様が何について悩んでいるのか、どんな調査を必要としているのかなど、調査についての簡単なカウンセリングを行います。秘密は絶対厳守の上、料金は無料です。

電話相談の時点で、お客様の名前や住所、具体的なデータ等を言う必要はありません。

02

お会いしてからの本格的な面談

カウンセリングの結果、より具体的な相談をご希望の方は次のステップとして、個別面談を実施します。
お客様に都合の良い場所や日時などを指定して戴き、面談の予約を設定します。
秘密は絶対厳守であり、面談したことやその内容がお客様の人間関係に漏洩することはありません。また、この個別面談も無料です。

お急ぎの方や、依頼を前向きに検討している方であれば、お電話による相談を省略し、個別面談の予約をして戴くことも可能です。

03

調査立案と具体的な料金のご提示

経験豊富なプロフェッショナルが、お客様にとって最善の調査をご提案。また、具体的な調査料金も見積りさせて戴きます。
お客様には調査計画と見積りとをじっくり検討した上で、依頼するかどうかの判断をして戴きます。

この時点でご依頼をキャンセルされても、料金は一切発生致しません。

04

契約とお支払い方法の確認

調査プランと料金とで合意が得られた場合、契約に移ります。この契約は、面談当日に行うことも可能ですし、日を改めて行うことも可能です。
現行法では、全ての探偵業者には、契約時に三つの書類を交わすことが義務付けられています。

  1. 調査内容や期間、料金とお支払い方法を明記した「契約書」。
  2. 契約における重要事項が記載された「重要事項説明書」。
  3. 依頼内容の「確認書」。

これらの書類は、依頼人様と探偵業者の双方が互いに信用しあって正しい調査委任契約を締結し、トラブルを回避する為のものです。

依頼内容や依頼料金を後日勝手に変更したり、不明瞭な追加料金を請求することは絶対にありません。

05

調査についての打ち合わせ

正式な契約が交わされた後、調査の為の打ち合わせに移ります。
最大限に効率的な調査を実施し、依頼を完遂する為に必要と判断されることについて詳細に聞き取りを行います。

関係者の氏名や住所、写真などの個人データはこの時点で用意して戴く事になりますが、秘密は絶対厳守であり、また調査以外の用途で使用することは絶対にありません。

06

調査

当事務所が最も重視し、最も力を入れている部分です。
指示されたことを機械的に行うのではなく、豊富な経験に裏打ちされたプロフェッショナルとして状況に臨機応変に対応し、依頼人様にとって最も必要な結果を入手出来るよう、最善を尽くします。

当事務所の方針として、調査をしていることが第三者に露呈することが無いよう十分に注意して調査にあたります。

07

報告

調査対象者が突きつけられても何ら反論・否定出来ないレベルであることは言うに及ばず、第三者に対しても十分な証拠能力が見込める報告書を提供させて戴きます。
基本的には調査完了後に報告となりますが、特に要望がある際や、調査期間が長期に渡る際などは、電話や面談による中間報告にも対応致します。

文書による詳細な「報告書」と、写真・動画など「映像資料」とを必ずセットにして提出という形式をとります。

08

カウンセリング

調査が成功した後、その証拠を有効に使うにはどうしたら良いか、その後はどのように暮らしていけば良いかなどのアドバイスもさせて戴きます。

ケースによっては弁護士・司法書士などの専門職への相談が必要になる場合もあります。そのご紹介などもさせて戴きます。