ひとことアドバイス一覧

A word advice

「北九州エリアの浮気調査・探偵業務のご依頼・ご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください」

「久留米エリアの浮気調査・探偵業務のご依頼・ご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください」

「筑豊エリアの浮気調査・探偵業務のご依頼・ご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください」

「福岡市近郊の浮気調査・探偵業務のご依頼・ご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください」

「北九州市近郊の浮気調査・探偵業務のご依頼・ご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください」

「調査や面談中などで、お問い合わせのお電話に出られない場合や、転送電話に繋がる場合があります。ご了承ください」

「業務の性質上、お問い合わせのお電話に出られない場合があります。少し時間をおいておかけ直しください」

「浮気調査で特に問題になるのが【空振り】の扱いです。もり事務所では、【空振り】で依頼人様の金銭的な負担が重くならないような調査プランをご提案いたします」

「浮気問題は多くの人が裏で抱えている日常的なトラブルです。しかし、内容は人それぞれですので、個別面談による話し合いが不可欠です」

「浮気問題において、証拠を確保することを焦るあまり、【不法(違法)行為】を犯してしまわないよう注意が必要です」

「GPSは万能ではありません。山間部や地下など【圏外】になる場所もあります。大きな誤差が出る場合もあるので、地図上の表示だけで判断するのは危険です」

「離婚における慰謝料の相場は50万~200万程度です。相場がいくらかよりも、「相手に払う意思があるか」「払うだけの金銭的能力があるか」が重要です」

「パートナーの浮気や不審な行動が気になり始めたときは、まずは綿密な生活の記録をつけましょう。相手の言動、帰宅時間などです」

「浮気問題では、味方になってくれる存在を作るべきですが、義父母に関しては、自分の味方だと期待し過ぎないほうがいいでしょう。内心では、実の息子・娘が最優先であることが多いです」

「離婚問題で裁判にまでこじれるケースはそれほど多くありません。特に、探偵に依頼した場合、有利な証拠が手元にある為、ほとんどが話し合いで解決します」

「ご自分や友人で浮気調査をやってみる事はオススメしません。失敗した場合、相手はとても警戒しますから、そこであらためて探偵に依頼してもスムーズに調査できない場合が多いです」

「探偵が怖いと思われる方は、まずはメールなりフォームなりで問い合わせしてみてはどうでしょうか。文面からでも、信用出来る相手かどうかはなんとなくつかめるものです」

「GPSは電池で作動しています。長時間使えるものほど電池が大きく、GPS本体も大きくなってしまう為、バレやすくなります」

「【十分な証拠】がどの程度のレベルか、具体的な目安は難しいですが、「相手および第三者が言い逃れ出来ないレベル」が一つの目安です」

「浮気の証拠というと【ホテルから出てくる二人の決定的瞬間の写真】というイメージが強いですが、探偵の証拠は、たった一枚の写真ではなく【時系列が記された綿密な報告書】によって立証します。当然、【証明力】は段違いです」

「口コミをうのみにしてはいけないのは、通販サイトや飲食店評価サイトと同じです。悪質な業者ほど、広告や自作自演の評価に力を入れます」

「探偵といっても姿を消して調査することは出来ません。目立たない服装、目につかないポジショニング、そして相手との適正な距離感で調査します。完全に警戒しきって、周囲の人間を一人一人チェックするような対象者の調査は困難を極めます」

「スマホでパートナーの不審なLINEや写真を見つけてしまった! まずは冷静に、そのスマホ画面を自分のスマホで撮影しましょう。そして、その写真をバレない場所に保管しておくことが重要です」

「証拠になりそうな写真やメールを撮影したけど、その保管場所に困っているという人は、Yahoo!やGoogleで新しくアドレスを作り、そこにデータを添付したメール送信しておくのも一つの手です。送信したメールは削除しておきましょう」

「盗聴器はネット通販で簡単に手に入りますが、基本的にはオススメしません。慣れない人が設置した場合すぐに見つかってしまうというのも理由のひとつですが、それ以上にモラル的な観点からです」

「探偵に依頼するメリットの一つは、間に探偵が入ることで、辛い真実を一人で目の当たりにせず、ショックに対してワンクッションをおけることです」

「浮気したパートナーだけではなく、その浮気相手にも損害賠償を請求することは可能です。その為には、クリアしなくてはならない条件がいくつかあります」

「探偵に依頼する前にある程度自分で調べてみようというのも一つの選択肢です。しかし、レンタカーを利用する場合は使い方に注意です。例えば、住宅地の路上で一日じっと止まっているレンタカーは不自然です」

「行動力のあるひとは、電話をかけることに抵抗がなく、浮気の情報を掴もうとあちこちに電話調査することがあるようですが、ドラマなどと違い、会社や勤務先などに不審な電話がかかってくることは、思っている以上に周囲に警戒心を与えます」

「「探偵に依頼すること=離婚」ではありません。調査後に、相手が完全に非を認め、心から謝罪することで復縁するケースもあります」

「依頼する前には必ず面談が必要です。面談は無料なのでお気軽にお申し込みください」

「GPSの最大の弱点が、車の乗り換えに対応できないことです。パチンコ屋やトレーニングジム、ショッピングセンターやゴルフの打ちっぱなしなど、長時間車を止めても不自然じゃない場所で乗り換えられるケースも多いです」

「一般的にはあまり知られていませんが、探偵業者は【探偵業法】という法律で規制されています。依頼しようとした探偵の口からこの単語がまったく出てこなかった場合、依頼はストップするべきです」

「探偵業者は管轄の公安委員会に届け出を出しています。何か不審な点があれば、その業者の事業所のある警察署の【生活安全課】に問い合わせてみるのも良いでしょう」

「GPSは非常に便利ですが、地下に入られると電波が届かず検索不能になります。また、車を乗り換えられたらそれ以上は追跡出来ません」

「相手が浮気をしたからといって、自分が法を犯していいということはありません。無茶な方法で浮気の証拠を確保してしまった場合、浮気問題では有利になっても、それとは別問題として、相手から訴えられることもあるので注意が必要です」

「調査が一日で済むことは、まったくないわけではありませんが、マレです。何もかもがうまく進めば、一日で証拠を確保し、相手を突き止めることも可能ですが、通常は少なくとも2・3日は必要です」

「緊急の調査が得意な業者と不得手な業者があります。行動調査を専門とするもり探偵事務所は、緊急調査に強いと自負しております」

「GPS機器が使えない案件は調査の難度が高くなりますが、もり探偵事務所では問題なく対応可能です」

「最も追跡の困難な相手は【二輪車】です。自転車でもバイクでも同様です」

「時代の移り変わりと共に、探偵の在り方も変化しています。規制によって出来なくなったことも多いですが、変わらずに出来ることでまだまだ依頼人様のお役に立てると自負しております」

「基本的には、【車のナンバー】【ケータイの番号】【住民票や戸籍謄本】から名義や住所などを判明させる【データ調査】はお引き受け出来ません。ただし、別のアプローチで判明させる方法はあります」

「これだけ情報化された現代で、長く経営している探偵業者の中に【あまりにも悪質な業者】はほとんどないと思います。ただし、【相性】は必ずありますから、自分に合った業者を選ぶべきです」

「福岡の主要な探偵業者は、どこも誠実に依頼に取り組むと思われます。ただし、「調査手法」や「料金システム」などはそれぞれ大きく違いますので、【相性】はあります。自分に合わなかった業者に依頼してしまうと、そこは【悪質な業者】だったと誤解が生じるかもしれません」

「探偵への依頼は、冠婚葬祭と同じく一生に一度あるかないかという種のものです。非日常ですから、日常的な金銭感覚で考えるのは避けるべきかもしれません」

「『安かろう悪かろう』……探偵・調査業は、それを最も避けるべき業種の一つです」

「盗聴は犯罪です。法に触れず、同様の効果を見込める別の方法をオススメします」

「Facebookは閲覧した相手の『知り合いかも』に自分のFacebookの名前が表示されるという噂があります。(Facebookサイドは否定)。真偽はともかく、頭に入れておくべきでしょう」

「たくさんある業者から自分に合った探偵を選ぶのは依頼人様の当然の権利です。納得いくまで質問したり、情報を集めたり、見積もりを出して天秤にかけましょう」

「「業者がたくさんあり過ぎてどこを選べば良いか分からない!」……とりあえず【もり探偵事務所】をよろしくお願いします。あとは、直感を大事にしましょう。縁とは得てしてそういうものです」

「ラーメン屋と違って、探偵は『イマイチだったし次は別のとこにしよう』という手軽なものではありません。じっくり選ぶべきです。判断材料のヒントは、『安すぎない』『高すぎない』『自信過剰ではない』『都合のいいことばかり言わない』です」

「GPSの普及で尾行は格段に楽になりました。それはプロの調査員でも同様です。しかし、そのせいか、ここ数年で開業した経験の浅い探偵は、GPS使用不可の調査には対応出来ないところもあるようです」

「『確実に追跡して証拠撮影を行う』と『相手に気づかれないようにする』というのは実は矛盾した行為です。だからこそ、探偵業者には繊細さと慎重さ、そしてここぞという時の思いきりが必要なのです」

「『バレずに距離を保ちつつ、ここぞという時は撮影のチャンスを逃さない」という矛盾した行為をする為、探偵には、繊細さと慎重さ、そして思い切りの良さが求められます。会ってみてそういう印象を持ったのなら、それは「いい探偵」ということです」

「ガラケー主流の時代はケータイにロックをかける人はそれほど多くなく、『わざわざロックする=怪しい』という図式が成り立ちましたが、指紋認証ロックが主流の今、この公式は崩れています」

「浮気調査においては、自分のパートナーのスケジュールにばかり目が行きがちですが、浮気相手のスケジュールや都合も見えない部分で存在しています。たとえば相手が子持ちの既婚者だった場合、スケジュールはかなり制限されます」

「『相手からたくさんお金を取ろう』という時ほど、浮気調査は料金がかかります。こちらもしっかりとお金をかけて、十分な証拠を確保する必要があるからです」

「浮気相手にも賠償請求は可能ですが、相手が『配偶者が居ると知っていた』場合に限ります」

「盗聴器は外部電源のものと内部電源のものとがあります。外部電源式は電池切れがない厄介なものですが、設置に手間がかかる為、使う人間は限られます」

「証拠はたくさんあるほど交渉が有利になります。長い目で見れば、時間をかけてでもしっかりと集めた方がメリットが大きいです」

「探偵業者に相談の電話をかけたりメールをした場合、調べる対象者にバレないよう履歴には注意しましょう。特に、スマホやパソコンの検索履歴には要注意です」

「離婚問題は男性にとってあらゆる面で不利です。「浮気調査は女性が依頼するもの」というイメージもありますが、男性であってもパートナーに不審な行動があれば依頼することは必ずプラスになります」

「怪しいのは怪しいけれど、『いつ』『どのように』『何日』依頼すればいいか分からないという方も、お気軽にお問い合わせください」

「離婚問題の強い味方である弁護士さんですが、実はそれぞれ『専門分野』があります。離婚問題に強い弁護士を選ぶべきです」

「もり探偵事務所では、離婚問題に強い福岡の女性弁護士をご紹介しております」

「昨今多い相談は、スマホの乗っ取りに関してです。通常、スマホを乗っ取るためには「root化」が必要で、特殊な知識やスキル、スマホを自由に扱える機会(数時間)が必要です。しかし、【Cerberus(ケルベロス)】というアプリは比較的容易に仕込める為、非常に危険です」

「スマホ間のデジタル通話の盗聴は理論的にはほぼ不可能です。現実に行われるスマホ盗聴は「不正Wi-Fi経由」か「乗っ取りアプリ」「自動応答にしたスマホ自体を盗聴器にした通話盗聴」のいずれかです」

「何かと料金のわかりにくい浮気調査ですが、もり探偵事務所では3つの料金プランを用意しました。どんな方であってもこの3つで対応可能です」

「「追加料金や予算オーバーが怖い」というご依頼人様には、追加料金の一切かからない【おまかせプラン】もございます」

「スマホを乗っ取られていると、レンズから勝手に撮影されたり、マイクから盗聴されたり、GPSで位置を監視されたりと非常に厄介です。少しでも気になる際は、電源を切り、「スマホをアルミホイルでしっかり包む」といいでしょう。乗っ取りを完全にシャットアウトできます」

「他人のGoogleアカウントを勝手に使って位置情報を見ることは【不正アクセス禁止法】に触れる可能性があります。絶対にやめましょう」

「ネットや機材を駆使して素人でも浮気調査が出来る時代になりましたが、調査に夢中になるあまり、「自分の行動が証拠として履歴に残る」ことを気にしないひとも多いです。あとあと足がつき、忘れた頃に命取りになる場合もあるので注意が必要です」

「スマホ乗っ取りで圧倒的に多いのが【Android端末】です。ほとんどが危険なアプリをインストールされる手口ですが、そんなアプリは偽装されてホーム画面に表示されません。手っ取り早い対処法は【初期化】ですが、それをやると証拠まで消えてしまいます」

「スマホ乗っ取りが疑われる場合、早急に専門業者に相談するべきですが、すぐに出来る確認方法としては、【設定画面で知らないアプリがインストールされていないか】【通信量が激増していないか】【写真や動画が勝手に撮られていないか】のチェックです。特に通信量は要注意です。」

「浮気していることが間違いなく、相手もほぼ特定出来ていても、その相手の居住地が判明していないと、慰謝料請求は出来ません」