初めての依頼は失敗の成功だった3

初めての依頼は失敗の成功だった3

前回前々回からの続きです。

初めての面談が、予期せぬ初めての調査になり、しかも現れた対象車両はまさかのダンプカー。おまけにダンプは大牟田のガランとした道路を走り抜け、海沿いの県道を通ったかと思うと、歩きでもなかなか入っていかないような暗い松林の中に入っていきました。

経験を積んだ今ならまず思います。「これバレとるやろ」

 

仕方なく尾行中断。そしてまさかの展開。

ダンプは松林沿いの舗装もされていない道を進みます。

片側は護岸コンクリート、片側はうっそうとした松の壁という、普通車でも厳しい細い道。なのにダンプは、松の木の枝スレスレをグイグイためらいなく進んでいきます。

どう考えても、バレたか、警戒されてるか、誘い込まれてるか。頭の中で警鐘がガンガン響きます。

当時付き合いのあった福岡の別の探偵会社の調査員が、とっくにバレた対象者を社長の指示でそれでもひたすら追い続けた挙げ句、待ち伏せされて捕まった話を思い出しました。

水の入った洗面器に顔を漬け続けるようなプレッシャーに耐えられなくなった私は、仕方なく車を止め、自分の車両を松林の奥に隠しました。

そんな道、バカ正直に張り付くわけにはいきませんし、喫茶店からそこまでけっこうな時間尾行したわけですから、発覚の可能性を考えないわけにもいきません。

尾行の鉄則は「目を離すな」です。おまけに、調査目的は『居住地の割り出し』。肝心なところで距離を開けるのは普通なら厳禁なのですが、待ち伏せされてとっ捕まるよりはマシです。

とても追える状況ではなかった反面、離合も出来ない松林の道にダンプが入っていく以上、そこが終着点である可能性は非常に高いと冷静な考えも浮かびました。

「海岸に小屋建てて、ホームレスでもしてんのか」

そんな失礼なことを考えながら息を殺す私の前を、小さな古い軽自動車が突然猛烈なスピードで横切りました。

「……やばいッ」

とっさに体が動きました。ダンプが走った先にあるのは、対象者の住むボロい小屋だけ……勝手にそう決めつけていた私は、慌てて車に飛び乗りアクセルを踏みました。

初めて見る軽自動車が向こうから来たということは、その先には他の民家があるか、車道への抜け道があるかのどちらか。

だとしたら、袋小路なんかではなく、対象をロストしてしまうということです。

 

自信と挫折

しかし、展開はさらに予想外の方向に進みます。

慌てて車を出して進んだその先には、松林が切り開かれたスペースがあり、そこにはもぬけの殻になったダンプがありました。

結論を記すと、その空き地は、対象が『軽自動車とダンプを乗り換えるのに使っていた駐車場』であり、すれ違った軽に乗っていたのが実は対象者だった……というオチです。

対象者の男は、自宅近くにダンプを止めておける場所がなかったため、この松林で自家用車である軽と乗り換えながら、家と往復しているというカラクリでした。

こうして、不可抗力とはいえ、私は初めての依頼で、相手をロストしてしまったのです。失敗です。

「自分には探偵としての天賦の才能がある」……そう信じて疑わなかった私の若い傲慢は、いきなり崩されてしまいました。

「依頼人になんて言おう……」

月の浮かんだ暗い荒尾の海を見ながら、頭を抱えたものです。ひどい自己嫌悪と敗北感でした。

 

失敗だと思った件は、本当は成功だった。

とはいえ、二十年の経験を積んだ今の私が断言します。これは失敗でもなんでもありません。

むしろ、準備不足のぶっつけ本番で、こんなイレギュラー満点の対象を、GPSにも頼らず追跡し続け、へんぴな場所にある車の乗り換えポイントまで一日で特定させたわけですから、成功も成功、上出来と言っていいでしょう。

しかし、その日の私が自分にくだした評価は「失敗」。

若い私は、追跡を完了できなかった自分を許せず、屈辱と敗北感から目を背けられませんでした。

「初めて自分でとった依頼」「初めての面談……からのいきなりの調査」「ていうかダンプ」「ぶっつけ本番やり直し不可。GPSなしの一発勝負尾行」「ロクに知らない大牟田の、ガランとだだっ広い田舎の道」「とつぜん松林に入っていく対象車両」。「袋小路で情報にない車にいきなり乗り換えという、行動調査でも屈指の高難度展開」

気に病む必要も、恥じる必要もありません。こんなことでいちいち落ち込んでいたら探偵なんてできません。というか、同じ状況でここまでやれた探偵もそれほど多くはないでしょう。

それでも、私にとっては苦い思い出でした。一生忘れられないのも当然と言えます。

 

探偵としての二十一年と珈琲の香り

あれからずいぶんと時間が経ち、何千件もの現場をこなし、この調査に負けないほど困難で、驚くべき展開になった案件も、たくさんありました。

しかし、やはりあの古い昭和の喫茶店で受けたこの初依頼は、特別の、忘れがたい思い出として、いつまでも私の中にあります。

ちなみに、この初依頼はその後無事に成功で終わらせることができました。

依頼人からもちゃんと感謝され、「初めてのお礼と感謝の言葉」が、初めての調査の思い出の結末となったのです。

二十一年経った今、今度はその大牟田郊外にポツンとあるモダンな喫茶店に、純粋な客として訪れ、コーヒーの馥郁たる味と香りを楽しみつつ、探偵業の古い思い出に浸りたいと思っています。

 

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵ですが、初尾行からして試される展開でした