私は、探偵業界の人間にしては珍しくタバコが大の苦手です。(この業界、ヘビースモーカーばかりです)

憎んでいると言ってもいい。

歩きタバコしているひとは、片っ端からガス室送りにしてやりたいほどです。

昨今は、ようやく時代が私に追いつき、禁煙・嫌煙意識が高まって、飲食店なども原則禁煙になりつつあります。

おカネ払って美味いもの食べにいくのに、わざわざ劇薬のニコチンで舌を鈍麻させてどうする、と私なんかは思っていましたが、もっと腹立たしいのは、食事が出されるのを待つ時間に、先に食事を終えた客が食後の一服をスパーとかますやつです。

こっちはこれから食事だというのに、アレのせいで鼻がやられて非常に不快な思いをさせられます。

 

のっけから毒を吐きましたが、今回の話はタバコではなくコーヒー。ニコチンではなくカフェインの話題でした。

待機時間が長く、心身ともに負担が多いこの仕事。探偵がヘビースモーカーになるのも必然なんですが、ニコチンがダメな私は、その代わりとして異常にコーヒーを飲みます。

張り込み中や運転中は言うに及ばず、事務所に居るときもプライベートでも、とにかくコーヒーコーヒーの毎日です。

もちろん、事務所や家ではドリップコーヒーを淹れるんですが、その消費量たるや、日に六杯くらいは当たり前。月換算でどのくらいのコーヒー豆を買っているか、年間いくらくらいコーヒーに使っているのか、計算するのがコワイくらいです。

そんな私に、最近とてもショックなことが起こりました。

行きつけのコーヒーショップが、コロナの影響で閉店してしまったのです。

コロナ騒動もすっかり過去のものになりつつあります(それが落とし穴で、第二波は来ると思います)が、個人的に、第一回コロナ騒動でもっとも手痛いダメージを受けたのがコレです。

 

事務所から歩いて10分。

その、【カフェ・エスカーサ】には、3・4日に一回のペースで通っていました。

ここは、比較的安価にも関わらず、生のコーヒー豆を購入直後に焙煎してくれる店で、グラム400円くらいのそれほど高級じゃない豆でも、焙煎直後に淹れると信じられないくらい美味しく、他のコーヒーショップで高い豆を買うよりずっとよかったのです。

私が買うのは決まって一回200グラム。最小の購入量です。

豆200グラムはカップ20杯にも満たないくらいの量で、私のペースだとすぐに飲み尽くしてしまうのですが、無くなればまた購入しに行き、それだけ焙煎したてを飲む機会が増えるということで、私は足繁くこの店に通っていました。

私が店を訪れるのは午前中。それも、コーヒー豆販売の受付開始時間である11時頃です。

このコーヒー豆の店【エスカーサ】は、小さなショッピングモールの一角、フードコート風の作りでしたが、午前11時のショッピングモールは人も少なく、朝の新鮮な気配が満ち、静かで穏やかな雰囲気で、私はとても好きでした。

 

コーヒー豆を注文し、その場で焙煎してもらうのには約15分ほどかかります。

それを待つあいだ、私はショップの開放的な席の片隅に座り、あるときは本を読み、あるときは頭の中で依頼の整理をし、あるときはノートパソコンを広げて資料の整理をし……。

思い思いの時間を過ごして、探偵業のストレスを発散させていたものです。

女性ばかりだった店員さんたちが、平日の午前からひんぱんにコーヒー豆を買いに訪れ、席の片隅でひとりボーッとしているオッサンのことをどう見ていたのか……あまり想像したくはありませんが。

(常連でしたので世間話くらいはしましたが、私立探偵であるとは話しませんでした)

世のデキるビジネスマンや意識の高い学生なんかは、スタバでそんな時間を過ごすのでしょう。

優雅な主婦や高齢者は、星乃珈琲やコメダでのんびりした時間を味わうのでしょう。

しかし、福岡市東区に事務所を構える孤独な探偵にとって、数少ない癒やしの時間が、このカフェ・エスカーサでコーヒー豆の焙煎を待つほんの短い時間だったのです。

 

それに、白いブラウスに黒いエプロン姿の感じのいい店員たちが、笑顔で接客したり、コーヒー豆を計ったり、パスタやカレーを作ったりして忙しく働く姿は、見ていてとても気持ちのいいものでした。

(探偵である私がふだんじっと見ているものなんて、不倫カップルや、嘘つき、サボり、不正を働く人間といった、見ていてぜんぜん気持ちのよくない人種ばかりです)

そんなわけで、事務所を開けて、かんたんなルーティーンをこなしたあと、晴れた午前中の光の中をのんびり歩き、カフェを訪れ、コーヒー豆を注文し、席に腰掛けてのんびりする、というのは私にとって大切な習慣でした。

それが喪失されたのは、個人的にはとてもツラいことです。

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵ですが、行きつけのカフェの店員さんには、結局それを話す機会がないままでした。