コロナ時代に考える探偵業界の今後

 

探偵業界に吹く逆風

最近とくに考えることですが、これから先の時代、我々探偵はどうなっていくのか。探偵業界の有り様はどう変わるのか。そもそも、探偵が業務として成立できる時代は続くのか――。

私は20年ちょっとこの業界の片隅に居させてもらっていますが、そんな私から見て探偵業界というのは実に逆風続き。

これまでも、業界の未来に不安の影を落とす事件や出来事はたくさんありました。

リーマンショック、探偵業法の設立と規制罰則の強化、旧来の広告モデル崩壊、個人情報保護意識の高まり、スマホやドラレコの普及による高性能カメラの一般浸透……。

しかし、今起きている『コロナウィルス』騒動に比べれば、些末なことだったかもしれません。

そのくらい、探偵・調査業界を襲った今回の嵐は凄まじいものがありました。

 

生存競争の厳しさと、探偵会社の苦渋の選択

もともと探偵業界は、生存競争の厳しい、新陳代謝の激しいところです。新しい探偵が次々に現れては、数年以内に消えていく。そんなシビアな世界です。

ですが、これまで盤石の営業を続けてきた大手調査事務所や中堅の探偵事務所が、いっせいに閉業や規模の縮小、リストラの憂き目に遭うなんてことは未曾有の事態です。

今はネット広告全盛で業界の実態もより掴みにくいところはありますが、もし電話帳広告主体であったなら、次年度のタウンページの『探偵・興信所』の欄は、激変していたことでしょう。

それがコロナの影響です。

しかし、実を言えば、もり探偵事務所に関しては、コロナ禍の影響は軽微でした。依頼も致命的なほど減ってませんし、個人事業の〆である昨年度末、今後事業を継続するか否かという深刻な検討もせずに済みました。

リーマンショックのときもそうでした。

あの大不況のおり、大手や探偵会社や中堅調査事務所は、かなり思い切ったリストラを敢行しました。調査員たちをいっせいに解雇したのです。

私も、懇意にしていたベテラン探偵から、いきなりクビになったと聞かされ、困惑したことをよく覚えています。

限られた経営資源を『会社の存続』に注力するため、現場に出る調査員たちを減らし、広告費や営業の人件費に当てる……それが当時の探偵事務所・調査会社経営者の苦渋の選択だったわけです。

しかし、我々探偵事務所の本分は、仕事を取ることそのものではなく、受けた依頼をこなして調査の成果を提供することです。たとえ営業が仕事をとっても、現場に出る人間が居なければ、かんじんの調査が出来ず、依頼人様に渡すものが作れない。

肝心のサービスの部分を削って、どう営業していくというのか。

その答えは……調査の外注でした。

 

調査の外注で生き残った調査会社と、放逐された腕利き探偵

探偵会社は、人件費というもっとも重い固定費を節減するため、調査員をクチ減らしして、その穴埋めとして外注調査員を使い始めました。

いま個人で調査事務所を営んでいる探偵の中には、この時期に大手調査会社をリストラされ、仕方なく独立したという人もそれなりに居るはずです。

そして、私のようなしがらみのないフリーの探偵のところに、調査委託の話がたくさん来たのもこの時期でした。

中には酷い条件のところもあったので(いや、大概がそうでした。あっさり調査員のクビ切るような代表者ですから)、片っ端から引き受けたというわけではありません。

しかし、依頼そのものは途切れることもなく、ひたすら調査調査で、世紀の大不況もそれほど実感はしなかったものです。

世界経済の勢力図が書き換わるほどの不況において、私のような小さな探偵事務所が乗り切れたのも、そういうカラクリがあったからです。

そもそも私のような小回りのきく個人事務所は、元来不況に強いものです。

ふだんから広告に金などかけず、口コミメインで集客していましたし、自分が現場でじゅうぶん調査できるため、リストラも外注も必要ありません。

都心部に立派な事務所を構えてもいませんから、賃料やらの固定費も限られています。

だからこそ、リーマンショックも乗り切れたし、今再びまた業界を震撼させているコロナショックも、今のところは致命的な打撃を受けていないと考えます。

(こんなふうに書くと、ショボい実態をエラそうに話しているようで恐縮ですが、私のような形態の『私立探偵』は、福岡に限らず日本中探しても実はそんなに多くはありません)

 

自分だけが生き残れるほど生存競争は甘くない

ただ、経済というものはスケールの大きな生き物であり、その中に居る限り影響は免れ得ないものです。

それは、福岡の探偵業界というごく小さく狭い世界においても同様です。

いくら個人探偵で不況に強いからといって、自分だけが暴風雨の中無事に生き残れるかといえば、それほど簡単にはいきません。

大手調査会社、中堅探偵事務所、下請け専門のフリーの探偵たち……様々な営業形態あってこその健全な探偵業界です。

業者間の『競争』がサービスの質を高め、『比較』がシステムを流動化させます。そして『淘汰』と『更新』が業界を浄化し、緊張感を高め、消費者を保護するのです。

ただでさえ、少子高齢化と晩婚・未婚化で探偵業界の先行きは悲観よりの不透明でしたが、ここにきてコロナというファクターにより、その生存競争はますます激化しそうです。

それは、福岡を根城とする地元探偵・調査事務所間の生存競争に限った話ではありません。

コロナによるダメージもまた全国一律ではありませんから、東京など、悪影響が深刻な大都市エリアの探偵事業者が、生き残りと再起を賭けて福岡に乗り込んでくることだって予想されます。

そしてこういったリストラや事業形態の変遷は、探偵業界の人間だけに関わる話ではありません。依頼者様にとっても実は大きな影響を受けることでもあるのです。

 

尾行・証拠撮影を得意とするもり探偵事務所は、福岡の私立探偵です。2021年もよろしくお願い致します。