ベテラン探偵との話

業界の大ベテランである探偵さんと話す機会がありました。

九州でもトップレベルの調査力を誇る事務所で、特に調査機材にめっぽう強いことで有名な探偵です。

私も調査力はあると自負していますが、どちらかというと自身の能力やテクニック重視で、機材力はそれほどでもありません。

自分にとってのウィークポイントに強みのある大先輩と話すことは、刺激になると同時に勉強になります。

それに、二十年も自分の思うままに探偵稼業を続けていると、どうしても自分の考えや、やり方、好みに固執してしまいがちです。

そういう意味では、素直にリスペクトできる先人と接し、自分と異なった考えに触れることは、プロとしてとても有意義であると素直に思います。

とはいえ、何もかもすべてを認め、肯定するわけではありません。私には私の培ってきた理論や、経験に裏打ちされた信念があるからです。

 

素人が使わない機材を使ってこそプロ

その探偵さんのモットーは、「素人が使わない機材を使ってこそのプロ探偵」というものですが、それについては、全面的には賛同しかねます。

私の考えは、「素人と同じような道具を使っても、まったく別の結果が出せてこそ探偵」だからです。

例を出すと、そのベテラン探偵の考え方に「スマホなんか使って撮影していては、プロとは言えない」というものがあります。

事実、あまり調査力に力を入れていない探偵の中には、撮影技術の追求や写真のクオリティへの意欲が低く、「証拠写真なんてスマホで充分」とうそぶくところも少なくありません。

当然、そういう事務所の報告書は、人物がとても小さく写っていたり、誰だか判別できないほど粗かったりもしますから、そのベテラン探偵さんの言いたいことはよくわかります。

そんな探偵・調査会社は論外ですが、私の考えでは、スマホもまた立派な撮影機材です。

超至近距離において、スマホほど【秘匿性】に優れたカメラはないからです。

 

【秘匿性】のある撮影手段は

相手にバレないようにする一番の方法。それは距離を取ることです。

離れれば離れるほど秘匿性は高まります。100メートルも離れれば、肉眼ではまずカメラは識別不能ですから、絶対にバレません。

バレないことを第一に考えるなら、対象者の100メートル以内に近づかないようにするのが、ある意味で理想と言えます。

しかし、それは現実的ではありません。そんなに離れると、様々なシチュエーションに対応できなくなるからです。

調査の現場では、どうしても接近して撮影しなくてはらないこともあります。そんなとき、ピンホールカメラ(レンズが数ミリというスパイカメラ)や、偽装カメラ(メガネ型とかペンタイプなど)を好んで使用する探偵も居ます。

しかし、そういう偽装系のカメラは、画質が悪く、画面を見ながらの確実な撮影も出来ず、しかもレンズを相手に向けて体を固定させる『不自然な体勢』で撮影しなくてはならず、意外に怪しい動きになってしまいがちです。

若い女性など、勘のいい対象者には気づかれる恐れだってあります。(そうして、騒がれて警備員や警察を呼ばれ、身体検査されたらオワリです)

その点、スマホを構えるのは、ごく自然な行為です。

シャッター音をなくすアプリもありますから、もっとも自然かつ鮮明に超至近距離撮影ができるのは、スマホというのが私の結論なのです。

むろん、報告書に載せられるほど鮮明な証拠写真をスマホで取るのには、それなりのコツとテクニックが必要です。

ブレたり、シャッターチャンスを逃したり、緊張して撮影ボタンが押せていなかったり、焦ってアプリを起動し損ねたり、シャッター音を消すのを忘れて派手に「カシャッ」と音をさせたり、ガチガチに力の入った体で不自然にスマホを構え、バレバレの撮影になることだってあります。

 

もうひとつのプロらしさ

素人とは一線を画すプロユースの特別な機材を使ってこその探偵。それは否定しません。

ですが、市販のビデオカメラだろうが、スマホだろうが、一般人と同じ民生品を使いこなし、素人には撮れない写真を撮る……これもまたプロの姿であると私は考えます。

もう少し論理的に話すなら、プロユースではなくアマチュア仕様の機材を使うことのメリットは、「怪しまれない」ことです。

誰でも使うカメラやスマホだからこそ、「まさか探偵のわけがない」と相手が油断する。そういう理屈です。

いかにもなスパイグッズである【ペン型カメラ】を胸ポケットに入れておいたとして、それはプロっぽくてカッコよくはありますが、そのプロっぽさが裏目に出て、逆にとても目立つということもあります。

特にメガネ型カメラなどは、市販されている一般的なメガネとは違い、「こんなのかけている人あまり居ない」という野暮ったいデザインです。

そんなアヤシイメガネをかけた妙に殺気立った男が、体をピタリと固定させて、じっと自分を見ている……そういうのは、けっこう相手に警戒心を持たせてしまうのです。

その点、スマホでさりげなくごく自然に写真を撮ることは、当たり前すぎて相手もまったく警戒しないものです。

だから、私はスマホによる撮影が「プロっぽくない」とも思わないのです。

(もちろん、きちんとした写真が撮れること前提ですが)

 

隠しカメラに対する意識

その他に、隠しカメラに関する意識の違いもあります。

そのベテラン探偵さんは、隠しカメラの扱いに非常に長けていて、調査でも存分に使いこなします。

反面、私は自分の現場では、隠しカメラをあまり重視しません。

直接張り込める場所ならそうしますし、一見張り込みが不可能な場所であっても、私だったら可能ということもありますから、念入りに現場を調べ、隠しカメラを設置するのは最後の手段とします。

私が隠しカメラを好まない理由。それはひとえに「リスク」を考えてのことです。

直接自分が張り込めば、失敗や発覚のリスクはほとんどゼロです。もし予期せぬリスクが発生しても、(これが重要なんですが)すぐに対処可能です。

しかし、隠しカメラによる調査では、発覚や失敗のリスクがどうしても発生します。

無線であるため、電波状態やサーバのトラブルは常に顕在しますし、偽装して設置している以上、誰かに見つかる危険性は絶対に無くせません。

また、予期せぬトラブル(ひとや車が映り込んで視界が遮られたり、熱によって機材が動作不良を起こしたり、警備員や管理人に見つかってしまうなど)に対して、すぐには対処できないという欠点もあります。

そういうときは、探偵側に落ち度はなくても、調査は失敗となり、そのマイナスは依頼人様が被ることになってしまうのです。

 

調査に正解はない

隠しカメラの欠点を挙げ連ねましたが、私の手法にだってマイナス面は多々あります。

調査員の負担や消耗がまずひとつ。それから、愚直にじっとしていれば当然周囲に怪しまれることだってあります。警察に職質されたり、警備員や管理人に詰め寄られてシャッターチャンスを逃すことだってあるでしょう。

私は、並の人間よりもはるかに長時間張り込めますが、それでも生物的な集中力の限度はあります。

隠しカメラを駆使することで、それらが回避できるというのは大きなメリットです。

つまり、大事なのはバランス。何かに傾倒せず、柔軟に、良いと思われる手法や機材を断続的に採用し、調査技術をアップデートしていくこと。それに尽きます。

(実際にはそれはなかなか困難で、自分が長年慣れ親しんだ手法はそうそう変えられなかったりもするのですが……)

しかし、もし現状で、依頼人様を十分満足させられるだけの結果を出せているのだとしたら。

その調査手法は限りなく正解に近いということです。探偵に「こうあるべき」という模範はありません。

 

尾行・証拠撮影を得意とするもり探偵事務所は、福岡の私立探偵です。機材力はそれほどありませんが、そのぶんスキルと経験がウリです。