タレントの不倫についての記事を書くためにネットで関連サイトを見ていた時、目についたのが、

「不倫の何がいけないの?」

という意見です。他にも、「たかが不倫」「そんなに悪いことなのか」「大げさ過ぎる」というコメントも散見しました。

一部の人たちにとって、不倫は「たかが」であり、「騒ぐ事のほどでもなく」、「そんなに悪くも無いこと」になるようです。

探偵として、『浮気・不貞行為に関する専門家』として、私自身は決して不倫を容認する事は出来ません。

不倫カップルによって辛い思いをさせられている依頼人の方を間近で見続けているからです。

浮気や不倫は、具体的に言うと、『民法770条』に規定されている離婚事由のひとつ『不貞行為』の事です。

そして、この『不貞行為』は、同じく民法709条に定められた『不法行為』にあたります。

法律的に、『違法な行為』だと明言されているわけです。

しかし、法律云々以前に、倫理的にも、道徳的にも、社会的行為としても、悪い事に違い無いというのが私の個人的な見解です。

世の中には、「不倫の何がいけないの?」「たかが不倫でしょ」と言い切ってしまう人が一定数居るようです。

私が思うに、それは加害者的な意見。強者側の論理。騙す人、裏切る人の居直りです。

その影には必ず、被害者が居て、弱者が居て、騙される人が居て、信じていた相手に裏切られている人が居ます。

私のところへ相談に来られる依頼人の方々がそうです。

食事も喉に通らないほど悩み、

ろくに眠れずにやつれ、

信じていた相手を信じ続ける事が出来ずに苦しみ、

そして騙され続けていたショックをどう処理して良いか分からない。

そんな人々の事を考えもせず、その傷を理解しようとせず、そもそも思いつきもしない人たちが、「たかが」とか「何が悪いの?」と簡単に言ってしまうのではないでしょうか。

不倫を容認する人の根拠の1つが、「恋愛は自由であり、誰かを強く好きになる事はしょうがない」という事です。

それに関しては私も否定しません。

人として自然な心の働きであるし、理屈や理性でコントロール出来ないのが恋愛や愛情であるという事は、人間の『素の姿』を見続けてきた『探偵』の私だからこそ、良く分かると言えます。

しかし、『不倫』と、『自由恋愛』は、決して同じものとは言えません。

恋愛は二人だけで完結した関係ですが、浮気や不倫には『第三の存在』。つまり、『不倫される人』が存在するからです。

ある二人の『自由恋愛』の為に、この第三の存在…つまり依頼人の方は、

ある時は騙され、ある時は力で押さえつけられ、ある時は「自分が悪いのかも。自分に責任があるのかも」と、酷い自己嫌悪に苛まされることになるのです。

すべての浮気・不倫のケースがそうだとは言いません (複雑で混みいった諸事情もまた、探偵として見続けてきたからです)。不倫をしてしまった人たちの言い分もあるでしょう。

しかし、「非常に」多くのケースで、浮気や不倫をする人たちは、自分たちの自由な恋愛や肉欲の為に、パートナーや家族を騙し、傷つけ、苦しませる方を選んでしまいます。

あまりにもその行為を「軽く」考えています。

私に依頼される『浮気調査』は、そんな、騙されていた依頼人の方にとっての苦渋の選択です。

被害者の行使すべき数少ない権利です。

傷つけられ、踏みにじられた人が持ち得る反撃の手段なのです。

「たかが不倫」と言ってしまえる人たちにとっては、「浮気調査なんてわざわざやるような事か?」という意見かもしれません。

でも私は声を大にしてこう言いたい。

「浮気調査の何がいけないの?」

福岡の浮気調査、証拠撮影は もり探偵事務所