聞き耳ネコちゃん

本日、2月22日は「ネコの日」です。(にーにーにー)

私はイヌ派ではありますが、常々ネコという生き物は罪深いほどの可愛らしさだと思っているので、たいへん結構な記念日だと思います。

 

理想の諜報員

ネコという生き物は、理想の諜報員です。

セキュリティが厳しくなかなか近づけない場所であっても、しなやかに中に入り、優雅に出てくるネコの姿を見るにつけ、「この身が猫であれば」と羨ましく思います。

実際、ネコであればどこででも潜入調査が可能でしょう。

「ネコにカメラを装着させて調査を手伝ってもらえれば仕事も楽なのにな」

……そんな、やくたいもない事をぼんやり考えていたら、すでに大真面目にそれを研究し、やっちゃった組織がありました。

CIAです。

 

CIAの極秘プロジェクト

1960年代、冷戦のまっただ中。

CIAによって「ネコに盗聴マイクを装着し、要人へと接近させてその会話を盗聴しよう」という極秘プロジェクトが実行されました。

伝説のスパイグッズ。それが「アコースティック・キティ」、通称「聞き耳ネコちゃん」です。

アコースティック・キティ (Wikipediaより引用)

……なにやってんのCIAと言った感じですが、

ネコのしなやかさ、

見る者の警戒心をとろけさせる愛らしさ、

そして抜群の機動力と隠密性には、諜報に携わる人間であれば、誰もが憧れるという事なのでしょう。

最初の任務が最後の任務となってしまった悲劇のエージェント、「聞き耳ニャンコちゃん」

哀悼の意を表しつつ、世のネコたちが少しでも交通事故に遭わぬ事を祈り、ネコの日を祝したいと思います。

 

 

福岡の私立探偵 もり探偵事務所