最近の営業電話戦略 ~依頼人のフリしてケータイからかけてくる

個人事業主に狙いを定め、やたらとかかってくる電話営業

もり探偵事務所にはよく広告代理店から電話営業が来るんですが、あきらかにそれとわかる番号だと、忙しいときには取りません。

(番号見たらわかってしまうくらい、ひんぱんにかかってくるのです)

だからでしょう。広告代理店も最近は妙な戦略を使いだし、「080」や「090」といった「あたかも個人の依頼人であるかのような番号」から電話してくるようになりました。

私たち『依頼の請け負い業』であれば、個人の番号からの着信は必ず取りますから、そこを逆手にとった戦略です。

どうも私のような福岡市東区の探偵だけでなく、福岡の別の市区の行政書士さんや司法書士さんにも同じことが起きているらしく、Twitterでのボヤきを何件か見ました。

いったいなにを考えておるのか。

そりゃ、戦略としては正しく、それをやられてしまうと無視できず、電話を取らざるを得ませんが、おおよそ営業手法としては最低の悪手です。

だまし討ちみたいなことをする相手からの提案を、まともに受けるはずがないではありませんか。

ファーストインプレッションは最悪で、商談のスタートラインからすでにマイナス状態です。

 

探偵が営業に口で負けるはずがない

それに、私たち探偵も行政書士も司法書士も、個人相手に依頼を請けて仕事をするような人間は、海千山千。若い営業マン(そんな飛び込み営業電話はほぼ例外なく若い人です)の口車に乗せられたり、説き伏せられたり、勢いに押されて契約してしまったりなんてまずしません。

ましてや「こんな姑息なヤツの電話受けたくもない」と内心で思うような相手ならなおさらです。

だから、通話が成立して話をしても、それはただの時間と電話代の浪費にしかならないわけです。

【WIN-WIN】どころか【LOSE-LOSE】ビジネスとして完全に失格です。

しかし、実はそこには、意外に根深い事情があったりするのかもしれません。

 

うさんくさい営業電話の影にパワハラあり?

最近の若い営業が、はた迷惑にも短絡的でバカな戦略を思いついた……という話ではなく、実はパワハラ上司にスゴまれ、「黙って電話かけまくれや!  普通にやってもアイツら取らねーから、ケータイからかけてみろ!  取るから!」と、短絡的でバカなことを強要されているだけかもしれないからです。

というのも、はるか昔、探偵になる前の私は修行として様々な仕事を経験しましたが、そのとき『うさん臭い電話営業』の仕事もやったという実体験があるからです。

一応は新人向けマニュアルがあり、経験者からのアドバイスもありましたが、まあひどい内容でした。

用意されたうさんくさいリストの、上から順に電話をかけまくるんですが、かけた相手からはそれはもう酷い罵詈雑言の嵐で、探偵修行と割り切っていなければ、精神をすり減らしていたかもしれません。

自分がそういう嫌な思いをした経験があるせいか、私は迷惑な電話の営業に対しても、

「かけるなって言ってんだろうが。営業かけてくるならまずウチのサイトくらい見てからにしろ!」 (電話営業お断りと明記しています)とか、

「キミ、これフリーダイヤルの転送電話だよ。知ってる? このくだらない通話で、こっちの財布からカネ出てってるって。社会常識ないの?」

などと、強い口調で言ったりはしません。

「申し訳ありませんが弊所では営業の類はいっさいお断りしています」と、紳士的かつ丁寧に返します。

さすがに、

「あのさあ。客のフリしてケータイからかけてくりゃ、そりゃ電話は取るけど、そんなので営業受けるわけないでしょ? やめたほうがいいよ?」

くらいはハッキリ言ってあげたほうが相手のためになる気もしますが、その本人とて、パワハラ上司に無理やりやらされてるだけかもしれず、もしそうなら気の毒なので言いません。

とはいえ、さすがに今の時代、そんなブラックな職場もないかもしれませんし、やはり上司のムチャ振りなんかではなく、単に短絡的でバカな社員が、自分で考えた迷惑戦略なのかも。

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵です