探偵に求められるモラル ~ 長崎のビジホで見かけた調査業者

つい先日、出張で長崎に行きました。ときどき、長崎からも相談・依頼が来ます。

長崎の依頼は、福岡での浮気調査と比べ、なんとなくですが少し変わった内容のものが多い気がします。

さて、そのとき長崎のとあるビジホに泊まったんですが、ロビーで若い男二人が大声で話していました。

ひと目見て「ああご同業だな」と分かりました。この業界に長く居ると、そういうのがすぐ見分けられるようになります。

どうも、私が宿泊したそのホテルに対象者が居るらしく、出てくるのを張り込んでいるのだと思料されました。

果たしてその若い男たちは、私の見立て通り同業者でした。

なぜ確信したかというと、自分たちでそう言っていたからです。

二人で張り込んでヒマだったのでしょう。いま受けている依頼内容、調査の日程、進捗状況から、浮気相手の素性、関係性、しまいには対象者の氏名・だいたいの住所、具体的な勤務先まで……。

あたりをはばからぬ声で実にいろいろ話しており、すべて私の耳に入ってきました。

まったく……同じ探偵として、実に情けない。

どこの探偵事務所かまではわかりませんでしたが(私の知っている事務所でないことは確かです)、まがりなりにも諜報の世界に生きる人間が、守秘義務どころかペラペラペラペラ周囲に聞こえるほどのうかつさで機密を漏洩するとは。

もう少し緊張感と節度をもって仕事して欲しいと切に願います。

ていうか、私と同じくこのロビーに居合わせた一般の方が、この会話を聞きつけ、「お。もしかして探偵? 張り込み? おもしれー。アップしちゃろ」とコッソリ動画に撮ってTwitterにでも上げたらどうするというんですか。

(ためしに私も少しだけ撮影してみましたが、おしゃべりに夢中なこの二人は、まったく気づきませんでした)

探偵の身で、一般人にそんなことをやられてしまったら、信用問題とか守秘義務以前に、恥ずかしくてもうプロは名乗れないと思いますがね。

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵です。