【医龍】から考える激安良心探偵の罪『ウデは悪いけど親身でイイ人探偵』は誰も幸せにしない。

探偵が紹介する医療漫画

医龍』という作品をご存知でしょうか。

坂口憲二さん主演のドラマも好評だったらしく、そっちで知っている方も多いかもしれません。

この『医龍』。神業的技術と破天荒な性格を合わせ持つ天才外科医が主人公なのですが、その対となる存在として、きわめて常識的で未熟な研修医が登場します。

その彼こそが裏の主人公という、二重構造の物語になっているのです。

この作品に、印象的な二つのセンテンスが登場します。

まずひとつめ……その未熟な研修医の独白。

 

「自分の経験不足と技術の無さは、誠実さ(人間性)でカバーするしかない」

 

ふたつめは、(まさしくそれと対となる)天才外科医の言葉。

「技術のない外科医は、それだけで罪だ」

 

技術のない探偵は罪である

私にはそのセリフがとても印象に残りました。どちらも、プロの探偵にも当てはまる言葉だからです。

探偵も専門職である以上、スキルがあり、優劣が存在します。

具体的に言えば『調査力』。撮影の上手さや、情報収集能力、話術、記憶力、分析力、行動力といった、結果を出すために必要な基礎能力です。

医師のように命がかかった仕事ではないにしろ、探偵の依頼もまた、多くの場合、依頼人の(そして対象者やその関係者の)『人生』がかかったシビアなものです。

たかが浮気調査と言うなかれ。その結果は、関わる人間すべてのその後の人生を左右しますから、探偵の技量の優劣は、依頼人様の運命に直結していると言っても過言ではないです。

 

存在してはならない「腕の悪いプロ」は存在する

この天才医師の言わんとすることは明確です。

外科医という、他人の命を預かる仕事にとって、手術を的確に行えるか、失敗せずにこなせるかは、最低限にして絶対の条件。それができない人間は、そもそも他人の体にメスを入れるべきではない、という話です。

厳しくはありますが、納得のいくプロ思考と言えるでしょう。

外科手術の世界において、外科医はすべてが一定水準以上の技術を持っていなければならない……そのはずですが、実際はそうでもありません。ウデの悪い外科医も居ます。

(というシビアな前提で医龍の世界は描かれています。だからこそ、この漫画の監修の『元医師』という肩書が重みを持つのです)

技術には『優劣』もあれば、未熟・成熟といった『経験』もあります。つまり、ウデの悪さというのは「才能がない」か「経験がない」かのどちらかです。

そのどちらも医療の世界には存在するようですが、患者の立場からすると、どちらでも変わりません。

「そんな医師には手術してもらいたくない」……それが本音のはず。

 

ウデの悪いプロという存在

そこで、もうひとりの主人公・未熟な研修医の言葉が意味をなしてきます。

ウデが悪くても『良心』のある医師は、自分が未熟であることも、その未熟な技術では満足な手術ができないことも承知しています。

だから、その良心をごまかすため、ことさら「優しい医者」として振る舞おうとする。それがこの言葉の真意です。

患者は(読者は)、こんな二択を迫られているのです。

 

「機械のように厳しく冷たいが、手術の成功率はとても高い医師からの手術」

「人間味があって優しく笑顔で親身になってくれるが、手術はヘボい医師からの手術」

 

さて、あなたが難病になったとき、選ぶとしたらどちらの医師?

 

では探偵の世界はどうか?

前置きが長くなりましたが、私がこの話を長々としたのは、これがそっくり探偵の世界にもあてはまるからです。

探偵業界にもまた、外科医の世界同様『技術の優劣』『経験の未熟・成熟』が明確に存在します。

依頼を受け他人の人生に関わり、重大な個人情報を扱う以上、すべての探偵は最低限の技量を備えたプロフェッショナルでないといけない。が、プロを名乗れるレベルにない探偵も居るというのが実情です。

先に話した通り、探偵に求められる能力は広くに渡り、純粋な『調査力』だけではありません。

これが意味するところは、つまりこういうことです。

 

「調査力が傑出していても、他の能力が足りないせいで、プロとしてやっていけない探偵」が居ること。

逆に「調査力は足りていないのに、営業力やその他の能力が高いなどで、プロとしてやっていけてしまっている探偵」が居ること。

 

でも、さすがに失敗された依頼人はクレームをつけるだろうし、そんなヘボ探偵がプロとしてやっていけるほど探偵業界は甘い世界なの?

そう思われて当然です。しかし、そこにカラクリがあります。

なぜなら、探偵は調査力があればそれでいいというわけではなく、営業力や経営スキル、コミュニケーション能力、社会常識やマナーといった、実際的な能力も欠かせないからです。

特にすべてを自分一人でこなさねばならない【私立探偵】であればなおさらです。

(だから、ドラマのような『無頼派一匹狼アウトロー探偵』は存在しません。憧れている人はそうそうにあきらめましょう)

それが、皮肉にも「ウデの悪い探偵が生き残れてしまう理由」にもなっているのです。

 

良心的で腕の悪い探偵は、失敗しても責められない

私の知る限り、「ウデは悪いのに続けていけている探偵」は、総じて「人当たりがよく、親身で、良心的」という特徴があります。

雰囲気が柔らかく、依頼人の話を一生懸命聞き、優しい言葉をかけ、精一杯頑張るという誠実な姿勢で調査に当たります。(実際、本当に頑張って仕事はするようです)

依頼人様も人間ですから、そんなイイ人が調査をしくじっても、「探偵さんはいっしょうけんめい頑張ってくれたと思いますから……」とつい許してしまいます。

そして、探偵の依頼料としては激安と言ってもいい安価な料金を支払います。

そう、『ウデは悪いけど良心的な探偵』のもう一つの特徴は『激安』ということ。

「頑張ったし、安かったから、失敗しても許される」……これが激安ヘボ探偵が生き残る理由です。

しかし、冷静に見れば、依頼人にとっては何も解決していません。

依頼人に必要なのは、優しさでも親身な言葉ではなく、『決定的な証拠』や『価値ある情報』だからです。

依頼人様は、結局、新しい探偵を探す必要に迫られるわけです。今度はちゃんと結果を出す。

 

激安良心探偵は誰も幸せにしない

いくら激安かつ良心的な探偵だったとはいえ、その依頼の結果失われたものは少なくありません。

『時間』『機会』そして『予算』です。

かりに次にウデのある探偵がこの件を担当したとします。

依頼人にとっては、探偵と一度会い、綿密に情報提供をした後ですから、またイチから同じことを繰り返すのは、面倒というのが本音でしょう。

一度目の面談ほどは熱意がなく、穴もあるかもしれません。

さらに、貴重な調査機会をロスした後で、時間的余裕がなくなっている状況も多いです。

もっと言うなら、ウデの悪い探偵が雑な調査をしたせいで、現場が荒らされているケースも多いと言わざるを得ません。

(対象者自身が警戒しているだけでなく、長時間の張り込みで、周囲の人間や警察などが非常に神経質になっているパターン)

そして決定的なのは、激安とはいえ探偵に料金を支払ったあとなので、依頼人様の貴重な予算が減少していること。

本来、ちゃんと結果を出す探偵のほうに正当かつ充分な報酬が行くべきなのに、「(他の探偵に支払ったせいで)実はあまり予算がなくて……」と、必要な予算が用意できないパターンが多いということです。

これでは、誰も幸せにはなりません。

 

実際に私が見た激安良心探偵

多少愚痴っぽくなってしまっているのは、私がその二番目の探偵になるケースが少なくないからです。

じっさいに『激安探偵』に依頼した人から、『失敗した調査の報告書』を何度か見せられました。

そういう依頼人様は、きちんとした証拠がやっぱり必要で、私に依頼されます。

しかし、先に話した通り、面談時の情報提供もスムーズにいかなかったり、現場に入ってみるとすぐにオマワリさんがすっ飛んできたり(なんで調査初日の一時間くらいで職質に来るの?)、あまつさえ「他の探偵にオカネ払ったせいで予算がなくて……この金額でなんとかできません?」とその探偵と同じ金額を提示される始末。

探偵の世界において、「依頼をハシゴする(探偵を変える)」ことはあまりいいこととされません。だいたいが、トラブルの種を含むよくない仕事だからです。

特に、他の探偵が失敗した件を引き継ぐ探偵からすると、「不満足な情報提供」「荒らされた現場」「なぜか削られてしまう予算」と三重苦を負わされますから、文句の一つも言いたくなるわけです。

しかも、その前任の探偵は、信じられないことに「……まあ、それでもいっしょうけんめい頑張ってはくれたし」と、悪く思われていないことが多々あります。

本来なら、もっと責められ、責任を負うべきなのに。

だからこそ、私も天才医師の言葉を借りてこう言わせていただきたいのです。

「ウデの悪い探偵は、それだけで罪だ」

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵です。ウデもよく、良心的な探偵でありたいと願っております。