Search and ・・・

職業柄スパイ映画が好きです。

たいていは、「こんな強力な組織のバックアップがあればな」とか、「こんな優秀なチームで仕事が出来ればな」とか、憧れと羨望とが入り混じったような気持ちで鑑賞しています。

特に、映画に登場する数々のガジェットは、現役のプロ探偵から見ても、のどから手が出るほど欲しい憧れの機材です。

 

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

2011年の映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」をご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

あの映画で、エージェントの一人が、駅でターゲットを捕捉するシーンがあります。ブダペストの美しい町並みが印象的なシーンです。

列車から降りた大量の乗客の中から、ターゲットの姿を捕捉する為にエージェントが使用するのが、「顔認証コンタクトレンズ」です。

眼で見た人物を自動的に認証し、リンクしたデータベースにより瞬時に判別するこのコンタクトは、無数の人混みの中からターゲットを発見するのに非常に有効な道具でした。

あの張り込み位置だと一人で乗客全員の下車をカバー出来ないだろ、というプロのツッコミは置いといて、「searching…」とカッコ良くつぶやきながら、ターゲットを探す緊迫のシーンは見応え充分でした。

あのシーンを見た探偵はおそらく全員が、「このコンタクトが欲しい…!」と心底願ったはずです。

私達プロの探偵にとって、これと似たようなシチュエーションは日常茶飯事だからです。

違うのは、現実の探偵の場合、便利な顔認証コンタクトなんて使えず、すべて自分の眼でサーチしなくてはならない事です。

駅から出てくる対象者を捕捉、確認、そして追跡。これは探偵の日常そのものと言って良いでしょう。

 

ターゲットの特定【面取り】

写真などから、調査ターゲットを特定する作業を「面取り」と言います。

個人的には調査能力が最も出る部分と言えるでしょう。探偵の調査における最重要ポイントです。

なぜならば、この「面取り」。非常にシビアだからです。

もし特定に失敗し、間違った人物をターゲットと勘違いしてしまった場合、その人物を尾行して追跡してしまうことになり、肝心の本物のターゲットはロストしてしまいます。その場合、やり直しはききません。

ゴースト・プロトコルで、エージェントが捕捉したターゲットの男性は非常に分かりやすい特徴的な風貌で、私ならコンタクトレンズ無しで探せる、と思いました。

しかし現実の調査の現場においては、特徴的な人物である事はそう多くありません。

おまけに写真というのが曲者で、それしか特定の材料が無いにも関わらず、あまりそれだけに執着して固定観念を持ってしまうと、実際は全然雰囲気が違っていて、足元をすくわれます。

 

【面取り】に必要なもの

だからこそ、私は、面談の際に依頼人から対象者の写真を受け取る時、必ず…

 

①「身長(正確な数字よりもパッと見の印象が大事。大きい、小さい、普通など)」

②「体格(これも同様。太い、細い、普通など)」

③「メガネの有無(依頼者はあまり気にしない事が多いですが、印象をガラリと変えてしまう重要ポイントです)」

④「帽子を被る習慣(これも同様)」

…について詳しく尋ねます。

 

「面取り」と名が付いていますが、顔だけに注目するのではありません。

むしろ、誰かを特定するのに重要なのは、「姿勢」であったり、「歩き方」、「骨格」、ひいていえば全体の「雰囲気」です。

私達プロの探偵は、これだけの情報を一瞬で処理してターゲットの特定をします。

アナログですが、ある意味では職人芸と言えるでしょう。

 

【面取りのコツ】

昔、同業者から頼まれて、探偵のタマゴ達の指導をした事がありました。

博多駅近くの巨大なビジネスビルから無数に吐き出される似たようなスーツの人、人、人の中から対象を特定した私を、彼らは「超能力」と言いました。

もちろん、そんな都合の良いものではありません。必死なだけです。

「コツを教えてください!」と駆け出し探偵達に請われましたが、口で説明出来るものでもありません。

自分でも不思議ですが、調査対象者を見たら「ああ、この人だ」と直感で分かるだけです。

しかし、時として、「よく似た別人かもしれない」という迷いが生じる時もあります。

それでも結局は、迷いを振り切り、自分の能力と判断を信じ、決断することになります。調査の現場では迷っている暇なんて無いからです。

最も難しく大変な「面取り」は、ただの「起点」。調査の始まりに過ぎません。

もし「面取り」が出来なかったら、調査自体が成り立たず、始まる前に終わってしまう事になります。

何百もの現場、何百もの調査対象者。

自分を信じて対象者を見定め、それが常に正しかったからこそ、私や同業者達は、「プロの探偵」を名乗る事が出来たのでしょう。

でも。

それでも。

…顔認証コンタクトなんてものがあれば!…と願わずにはいられません。

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影に特化した福岡県の【行動調査専門】の私立探偵です。

こちらの記事もどうぞ 【2019年の探偵志望者へ】 【探偵の社会的地位】