空梅雨かと思いきや、一転して警報が出るレベルの大雨。水不足が解消されるのは良い事なのですが、各地で浸水や土砂災害が発生してしまっているようです。

さて、私たち探偵は天候に左右されない仕事の一つです。

例えば、聞き込みや人探し。

豪雨時は避ける事もありますが、あえて雨天時に実施する事が良い結果に結びつくこともあります。

訪問先が「在宅」である可能性が若干上がりますし、経験上、雨の日は落ち着いて会話が出来るからか、聞き込みで良い結果が出る事が多い気がします。

かと言って、雨天時に住宅街を聞き込みでしらみつぶしに回るのはそれなりに大変で、効率も落ちます。

雨の日だと、他人と話すのが億劫でインターホーンを鳴らしても居留守を使う人も居るでしょう。

雨だから止めよう、晴れだからやろう、というものでも無く、結局は「晴れの日は晴れの、雨の日は雨のやり方」で実施するしかありません。

では雨の日の行動調査はどうか。

これは、良い点もあれば悪い点もあり一長一短です。

雨の日の張り込みはどちらかと言うとやり易い感覚です。人々の注意力や警戒心が散漫になり、視界も悪くなる分、張り込みしていてもあまり人目を引かないからです。

同様に、追跡も若干やり易くなります。雨の日自体の視界の悪さに加えて、バックミラーに水滴がつき、対象者が後ろをあまり気にしなくなるからです。

しかし、その半面、雨天時ならではの苦労もあります。視界が悪くなる=探偵にとっても普段以上に注意力が必要になる事でもあります。

車窓やカメラのレンズに水滴が付着するとピントが合いづらくなり撮影にも支障をきたします。また、雨天時は車内の窓が曇りやすく、それもまた調査の邪魔になります。

他にも、バイクによる追跡が難しくなる。傘で手が塞がる。立ち張り(車を使わずに立って張り込む事)が怪しい。道路がいつも以上に混む等、雨の日ならではの苦労が色々あります。

しかし、個人的に雨の日の行動調査で特に嫌なのは、対象者が傘をさし顔の確認が取れない場合でしょうか。

初日の現場で、初めて見る対象者を面取りしなくてはならない時、外に出てくるなり傘で顔が隠れてしまいまったく見えないというケースがあります。

そんな時は接近して直に顔を覗きこまないといけません。いくら雨の日は注意力が散漫になるとはいっても、近づいてきて露骨に顔を確認するような動きは相手の注意をひきます。

そんなわけで、雨の日の調査には、良い点もあれば悪い点もあります。

結局は、天候に気分を左右されず、淡々と現場をこなしていくしかないのです。

 

 

浮気調査を福岡で依頼するなら もり探偵事務所へ