0120-998-993
 メールでのお問い合わせはこちらから

弁護士さんとのおつきあい

弁護士さんとのおつきあい

離婚問題において、優秀な探偵がちゃんと証拠を確保すれば、必ずしも弁護士さんにお願いする必要は生じません。

しかし、弁護士さんに相談に乗ってもらうことは、さまざまなメリットがあります。弁護士さんは法律のプロのみならず、交渉や駆け引きの専門家でもあり、また高難度の国家資格者というネームバリューがあるからです。

相手になめられない、というだけでも、交渉ではものすごく優位に立てるでしょう。

とはいえ、弁護士さんへの相談や依頼は、探偵と同様(ある面では探偵以上に)敷居が高いと感じるはずです。

そこで、依頼人さまが少しでもリラックスして弁護士さんとおつきあいできるよう、私の知る弁護士さんの特徴やちょっとした裏話をご紹介します。

なお、探偵・森が個人的に接した弁護士さんや、各弁護士さんが公開しているブログがソースであり、すべての弁護士さんにあてはまる話ではないことはお断りしておきます。

 

弁護士さんはとても多忙です

電話予約の注意点

もっとも注意する点だと個人的には思っています。

これは私のところに来る相談でもありがちなのですが、お電話を受けたとき、「今日、明日にでもすぐ面談したい」と言われることが多いです。

探偵はフットワークが命なので、他の調査時間に干渉しない限りは出来るだけ対応するようにしていますが、弁護士さんは超多忙で、いきなり直近の面会予約をとれることはほとんどありません。

たいていの相談者は、ぎりぎりまで悩んだ挙句、自分の予定がはっきり空いたとき思いきって電話すると思います。しかし、自分の都合通りの日時に面談予約が取れるとは限らないのです。

ある程度余裕をもって電話したほうがいいでしょう。とりあえず電話をかけて用件を伝え、それから会う日取りを決める方が双方に都合がいいはずです。

その際は、「弁護士さんは多忙で自分の案件にだけ関わっているわけではない」という配慮が必要です。

弁護士さんの都合をいくつか挙げてもらい、その中から都合のいい日にちを予約し、そして出来る限りキャンセルすることなくその日は必ず時間を作るようにしましょう。

面談の注意点

予約が取れ、いよいよ面談をした際、思った以上に話が長くなり、相談の時間を延長したい……そんなこともあるかと思います。

しかし、面談時間を延長したいと希望しても、弁護士さんのその後のスケジュールが詰まっていて、出来ないことがあります。

仕方なく、すぐに次の予約を取ろうにも、またしばらく間が空いてしまうケースも多いです。

一回一回の面会時間を大事にし、有効に使うためにも、資料や相談内容はしっかりまとめていくことが望ましいです。

具体的には…「ノートなどに時系列を記すこと」「自分がどうしたいか、要望をはっきり決めておくこと」です。

 

弁護士さんの知識はタダではありません

特に注意するべき二つ目の点です。

最初の相談料を支払い(一般的には30分/5000円)、面談した相談者が、弁護士さんとの個人的なパイプが出来たと思いこみ、以降は無料で相談出来るかのように気軽に電話してくるケースが多いという話を聞きます。

弁護士さんの時間や知識は決してタダではありません。

人生を賭けるほどの勉強をして国家資格を取得し、その後は忙殺される日々の研鑽と実務によって経験を積んでいきます。

その代価として、一時間拘束したら約10000円という相談料が発生するわけです。

一度お金を払ったら、あとは無料で話を聞いてもらえる、いつでも法的なアドバイスをもらえる……そんな風に考えるべきではありません。

ただし、弁護士さんの中には、依頼人に対する個人的なサービスとして話を聞いてくれる方も居るでしょう。また、大きな案件を依頼した際は、依頼者サイドからもマメに連絡をとり、情報を提供するべき状況もあるかと思います。

大事なのは、法律相談をしたあと、正式な依頼をしていない状態で、気軽に電話したりアドバイスを乞うべきではないということです。プロの時間は貴重なものなのです。

 

弁護士さんも人間です

常人よりもはるかに鋭利な頭脳と、冷静に交渉を手掛ける胆力を兼ねそろえた弁護士さんですが、生身の人間です。感情や心がちゃんとあります。腹も立てますし、苛立ちや嫌悪感を持つことだってあります。

プロとして仕事に取り組む姿勢に私情は挟まないとしても、プラスアルファとして、損得勘定や打算抜きを超えた仕事をするかに、感情的な部分が作用しないと言えば嘘になります。

わかりやすく言うと、なんだか失礼な依頼人や勝手なことばかり言う依頼人、個人的に嫌悪感を持つ依頼人に対しては、もらう対価以上の仕事はしないということです。

それは逆に言えば、この依頼人のためなら頑張りたい、このひとは助けてあげたい、力になりたいと素直に思える依頼人の案件に関しては、より親身になってくれるということでもあります。

これは探偵も同じです。嘘をついたり、分からず屋だったり、自分の都合や利益ばかりを考えたり、ひとの話を聞こうとしない相手の仕事は、手を抜くことはないにしても、料金以上のサービスをしようとは思いません。そんな義務もありません。

探偵も弁護士さんも、個人事業主で、フリーランスです。公務員のように公共の利益のために税金で働いていませんから、自分の好きな仕事を自分の好きなようにやる権利を有します。

そういう意味では、企業に勤めているサラリーマンより、個人的感情を持つことが許されており、より人間味があると言えるでしょう。

好感が持てる相手、信頼関係がきっちり結べる相手と、気持ちよく仕事をしたいと願っているのです。そしてそういう依頼人の案件なら、時には線引きを超えて頑張ろうという気にもなるかもしれません。

 

弁護士さんで居るのにはお金がかかります

弁護士さんは、なるのもすごく大変ですが、なったあと弁護士で居続けるのも大変です。

日本の弁護士は監督事務団体である『弁護士会』に所属し、なおかつその弁護士会の連合組織である『日本弁護士連合会』に登録し、決まった会費を払う必要があるからです。

この会費にもいくつかの名目があり、弁護士さんで居続けるための年会費は、合計すると実に『50万~100万』にもなります。月換算で『約4万~訳8万』と、一般人の感覚からするとけっこうな金額です。

金額自体もさることながら、幅にも目が行くことでしょう。

どうしてこんなに金額に差が生じるかというと、所属する都道府県の弁護士会によって、登録料や会費がまったく異なるからです。

一例をあげるなら、最安値は愛知県の『498000円』、最高額は山口県(岩国支部)の『1178400円』、もり探偵事務所のある福岡県が『716400円』となっています(登録五年目の金額)。

最安と最高とで約68万円もの開きがあるわけです。月換算で5万6000円です。これは一般的にはあまり知られていません。

どうしてこんなにも差か開くのか。弁護士会がそれぞれ独立した自治団体ということもありますし、また弁護士の登録数にも関係しています。

日本の弁護士さんのほとんどが、東京、大阪、愛知の大都市に集中していて、いわゆる地方ほどその登録数は少ないです。

少し前に、【島根の弁護士】という漫画とドラマがありました。日本で一番弁護士の数が少ない島根県を舞台にした作品です。その島根県も年会費は『102万1400円』と高額です。

もちろん、弁護士さんが負担しているのは所属団体の会費だけではありません。事務所の維持費や人件費、その他もろもろの経費も必要です。

つまり弁護士さんというのは「なるのも狭き門」「居続けるのも厳しい生存競争」という、選ばれた人たちなのです。

それがベースにあってこその、知識と経験、ネームバリューということです。

 

まとめ

話を冒頭に戻すと、民事の問題においては、探偵が充分な証拠を確保さえすれば、非常に有利に交渉や請求を行えます。

請求する相手が相当ゴネたりしなければ、話し合いも請求も問題なく進められるでしょう。

しかし、世の中には、とにかくゴネる人が居ます。恐喝まがいの言動や、強面を押し出してくる面倒くさいひとが居ます。また、昨今は、Googleなどで「慰謝料 請求されない方法」とか「示談 ゴネる」とか「浮気 誤魔かす方法」などで検索し、付け焼き刃の知識を身につけて交渉に臨む、往生際の悪いひとが居ます。

そういうひと相手に、自分で手続きや交渉を進めて不快な思いをするくらいなら、専門家である弁護士さんにお願いした方が、トータルで見たら損をしないこともあります。

弁護士さんは、「ネットで検索した知識だけの人」や、「ただ迫力で押してくるだけの人」とは、根本的に異なった存在だからです。

そんな弁護士さんとは、ぜひ上手にお付き合いをしたいものです。

 

もり探偵事務所は、離婚問題、男女問題に強い弁護士の紹介も承っている、福岡の私立探偵です

コラム, 依頼を考える方へ

Posted by moritantei