とまどう相談電話

私は100パーセント依頼人の味方です。

その方針は、福岡で【もり探偵事務所】という自分の名を冠した看板を出したときから、一貫して変わりません。

もちろん、慈善事業でもなければ公務員でもありませんから、正当な報酬は頂かねばなりません。しかし、その報酬に見合った(たまにちょっとオーバークオリティなくらいの)仕事はきっちりやります。

それが、誰かの大事なお金を頂いて依頼を引き受けるもののセキニンだと思うからです。

しかし、このセキニン。何も私だけが負うものではありません。頼むひと、相談する側にも、最低限のセキニンや礼儀はあるべきだと私は思うのです。

どうしてそう思うかと言うと、ときどきへんな相談電話がかかってくるからです。

私は話しやすいのか、そういうへんな電話の相手は、私にいろいろなことを相談してきます。

相談者は未来の依頼者でもありますから、ムゲにもできず、そういうひとたちからの電話もなるべく親身になって受けようとはしますが、そんな私の対応に甘えたように、妙なことを言ったり要求してくるひとも居ます。

そういうひとは、結局一円たりとも払おうとしませんから、お客さんでもなければ、私が大切にしたい【依頼人】にもなりません。

今回はそんなグチです。

 

【ケース1】深夜に電話してきた相談者。「夫のスマホに妙なアプリが……これはなに?」

長年探偵をやっていると、ごくたまに、深夜の信じられない時間に電話がかかってくることがあります。

一応、電話受付は『9時~21時』と設定してありますが、調査の稼働時間は24時間で、Googleの営業所案内でも『24時間営業』になっていますから、転送電話などで可能な限り電話に出るようにしています。

中には、「家族が寝てからじゃないと電話できない」「昼夜逆転のライフスタイル」「翌日の早朝から調査の必要が生じた」「いままさに緊急の話が現在進行中」という切羽つまった状況の相談者も居るからです。

しかし、これもまた長年の経験からですが、この『深夜の電話相談』が正式な依頼にまで繋がるケースは正直マレです。

この日かかってきた電話もこのジンクス通りでした。

 

相談内容

女性からの相談で、夫のスマホに不審な『位置情報アプリ』が入っているのを見つけてしまった、という内容でした。

その夫は、どうも浮気をしているらしい。それは間違いない。しかし、夫のスマホに入っていた位置検索アプリは、本人の居場所を突き止めるモノではなく、『夫の端末から別のGPSを検索するアプリ』だった。……そこが不審な点です。

ふつう位置情報アプリは、調査をしたいひとが導入し、調べたいと思う対象者の居場所をGPSで検索する仕組みです。

しかし、聞いてみるとその逆で、浮気しているはずの夫が、なぜか『誰かの位置を調べるアプリ』を入れていたというのです。

見慣れないアプリに逆上した相談者は、「このアプリはなに!」と夫を問い詰めたそうです。

しかし、相手の夫は「そんなもの知らん!」の一点張り。平行線で話になりません。

そこで、『探偵 福岡』か『浮気調査 探偵』かで検索し、ヒットした調査会社・探偵事務所に片っ端から電話をかけまくり、(深夜にも関わらず)まともに繋がった私に相談した、というわけでした。

 

結果

相談者の女性は、頭に血が上って話がわかりにくく、しかも、その旦那さんが寝たのを見計らって電話しているらしくて、大きな声が出せない、長くも話せないということで、ちっとも話に要領を得ませんでした。

それでも、なんとか要点を拾い上げたところ、私の本来の業務である「浮気調査の相談」ではなさそうでした。

が、とにかくそのアプリがどういうものかを知りたいと。じゃないと眠れないと。

仕方なく私は、その旦那さんのスマホの機種名やキャリア、アプリのアイコンの特徴など、断片的な情報をたんねんに聞き取り、「今日は寝て、明日また電話してください」と話を終えました。

それから深夜にも関わらず、あやふやな情報のピースをつなぎ合わせ、そのアプリを特定し、どうやらそのスマホ(機種名を調べ上げるだけでもかなり時間を食いました)に標準搭載されていると突き止めたのです。

翌日は朝から別件の調査で忙しかったのですが、何時にかかってくるかわからないその電話を待たねばならず、かなり束縛されました。

そしてようやく、昨晩も聞いた、か細く神経質そうな女性の声から電話が来ました。

私は自分の調べた結果……「その位置情報アプリは標準仕様のもので、なんら不審なものではありません」を伝えました。

「ああ、そうなんですね」プチン。

それだけです。電話は切れました。

スマホに標準で入っているアプリを特定したくらいで調査料金は発生しませんし、そんなものでオカネを取ろうとは思いません。

しかし、他人を頼り、タダで使ったあげく、それだけですか、と私はガクゼンとしました。

探偵は24時間対応の無料カスタマーサービスではありません。

 

【ケース2】他の探偵に依頼することにした相談者。「いきなり電話が『この番号は現在使われておりません』になりました! どうしたらいいですか?」

 

相談内容

人探しの相談で、おとなしそうな男性でした。

ただ、探したいという人物が、家族でも恋人でも友人でも知人でもなく、ちょっと「ん?」と違和感がある内容でした。

30分ほど話して、「人探しはとても大変である」と懇切ていねいに説明しました。

相手の動きをバレずに追い続ければいい行動調査や、相手がクロでさえあれば成功する浮気調査と違い、人探しは細い糸をたどっていく困難な調査で、その糸が途切れればそこで調査は不能になるし、その糸をたどるのだけが唯一の方法であると。だからやってみるしかない。

成功率も3割あればいいほうで、下手したら1割くらいかもしれない。

それを率直に伝えると、「1割ですか!?」と相手は驚いていました。

(本当はもう少し成功率は高いんですが、まっとうな捜索依頼ではなさそうだったので、あえて低い数字を提示しました)

福岡の何件かの探偵・調査事務所に電話したみたいで、どの探偵も「ウチにまかせてくれれば、高確率で見つかりますよ」と都合のいいことばかり話してきたそうです。

私は、「仕事が欲しい探偵は都合のいいことばかり言う」「法律に抵触する違法な調査はできない(その相談者は探偵なら色々なデータを自由自在に引き出せると思っていたようでした)」「だから決して成功率は高くないが、依頼されたら全力で調査する」と正直に言って電話を切りました。

 

結果

しばらく経って、忘れたころにまた電話が来ました。

「別の探偵に依頼することにしました。元・警察官らしく、クレジットカード情報なんかを照会して居場所を突き止められると。……でも、その事務所がいきなり『おかけになった電話は現在使われておりません……』になったんですよ。どうしたらいいですか?」

知りませんよ、そんなこと。なんでウチに。しかもフリーダイヤルで。

前回つい親身になって話を聞いた私に、甘えてきたのでしょうか。

でもウチは無料悩み相談室ではありません。

 

まとめ

切羽つまった状況や、誰に相談したらいいかわからない悩みを抱えたとき、探偵に電話をかけるのは全然構いません。それが仕事です。

ホームページにもそれは記載していますし、Google Mapsのビジネス情報にもそう標榜しています。そもそも、そういうのがイヤだったら探偵になんかなっていません。

しかし、相談する側にも最低限のマナーや誠意、そして責任はあって欲しい……そう思います。

探偵のほうは無責任なことはできないと、個人的には思うからです。

たとえば、不審なアプリを発見してパニックになっているひとに、適当なことを言う。「それ絶対に怪しいアプリですよ。旦那さんはクロに違いありません」

たとえば、人探しをしたいひとに適当な対応を取る。「元警官だから、いろんなコネやルートで絶対に探せるよ」……からの『現在使われておりません』。

そんな適当な応対や言動で、相手がどうなっても気にしない無責任な探偵も居ます。

正式な依頼人でもない相手に、親身になったり、責任ある応対をする探偵ばかりではありません。

常識はずれな時間に電話してくる相手や、相談内容がウサンくさい相手は、ハナからまともに応じない探偵・調査会社・興信所だって多いでしょう。

(じゃないと、探偵のほうの心身がもちません)

しかし、少なくとも私は、一本の電話、ひとりの相談者に対して、常に真摯な対応を取ろうと心がけていますから、相談者のかたにも、それなりの気持ちで居て欲しいと切に願うのです。

 

尾行・証拠撮影を得意とするもり探偵事務所は、福岡の私立探偵です。そうは言いましたが、どんな相談でもお気軽にどうぞ