「もり探偵事務所は何人でやられているんですか?」

面談のとき、相談者の方によく聞かれるのが、「もり探偵事務所は何人態勢で調査しているんですか?」

個人でやっているささやかな私立探偵事務所ですから、大手の調査会社や興信所ほど大勢の調査員が在籍しているわけではありません。

それで不安を感じた相談者が、「ここ本当に大丈夫かな? ちゃんと結果を出してくれるのかな?」とこんな質問をしてくるのだと思っていました。

しかし、どうやら違うようなのです。

「調査員を大勢使う=人件費が高くつき、調査料も高額になる」

……そっちに不安を覚えた相談者の方が、「何人?」と確認してきているのだと最近わかりました。

聞くと、もり探偵事務所以外の探偵・調査会社・興信所で見積もりを出したところ、目玉が飛び出るほどの高額(ウチの見積もりの軽く三倍ほど)を提示され、その理由が「調査員六名に車両三台態勢」で調査するから、というものだったらしいのです。

 

高額の調査会社の料金のカラクリ

それが本当なのかはわかりませんが(まあ高く請求するための口実でしょう)、確かに「この現場は大変難しい。調査員やクルマを多く使う必要があるから、どうしても高額になる」と言われてしまっては、依頼人も納得せざるを得ない場合もあります。

そこで手を抜いて結果が出なかったら元も子もないからです。

しかし、人件費が税金でまかなわれる警察とは違います。

民間の調査機関である探偵は、必要最低限の人員と装備、機材で最大限の結果を出せるようにするのが、経営努力というものでしょう。

そもそも、個人的には、通常の行動調査に六名も必要ないと思っています。そんなに大勢要りません。かえってジャマです。

だいたい腕のいい探偵であれば、一人でだって、ある程度の成果は出せるものなのです。

(実際、私も開業間もない頃からしばらくの期間は、単独で調査して結果を出し続けていました)

殺人事件の一大捜査網ならともかく、個人レベルの調査である浮気調査で五人も六人も必要だなんて、どれだけ効率が悪いんだ、と思います。

 

理想の調査態勢は「二人」

では、そんな私の考える、理想の調査態勢はどういった配分か。

結論から先に記すと「二名」がベストというのが、探偵・森の個人的な意見です。

あくまで私立探偵である私の個人的見解ですが、個人レベルの調査会社・探偵事務所における理想的な調査態勢は、ベストから数えて……

【二名 ← 一名 ← 三名 ← 四名】

という順番です。五名や六名は、大企業の役員や芸能人にでも張り付くのでなければ論外です。

それぞれについて説明しましょう。

 

三名・四名態勢の弱点

まず、「三名」と「四名」がどうして一名二名よりも順番が下なのか。

それなりの規模の調査会社や興信所であれば、この【三名~四名態勢】というのは、決して珍しくありません。

そんな会社に所属する調査員からすれば、「プロの調査会社を名乗るのであれば、最低でも三人態勢はあたりまえ」と言うかもしれません。

確かに、三名や四名、特に『二人一組で2チームという四名態勢』は、たいへん調査がしやすいです。それは否定しません。二名がベストと結論づけましたが、それは「トータルバランス」の話であって、単純に調査だけを見るなら、三名がベストだと私も思います。

三名及び四名態勢の最大の欠点。それは【人件費】です。

 

調査員の人件費

探偵がいくら給料をもらっているのか。それは依頼人ならずとも興味があることだと思います。アンケートをとったことはありませんが(どこの調査員も給料の話題になると口が重いです)、私の把握する範囲では、「15万円~40万円」。

40もらっているのは相当恵まれた調査員で、50もらっているという話は聞いたことがありません。

この「サラリーマン探偵の給料事情」については、長くなるのでまた別の機会に。

とにかく中央値を『30万』としてみます。三名の調査員を常駐させると人件費だけで90万超。四名だと120万超。(もちろん人件費はそれだけで済みませんが)

それに、経営者や営業員の給料とその他の固定費が必要となりますから、いくら調査のクオリティが上がったとしても、経営を維持していくためには、どうしても調査料金が高額になってしまうのです。

 

一名態勢という選択

一名態勢という探偵事務所は、開業間もない新人探偵に多い形態ですが、実は意外に多くあります。どこも、「一人でやっています」とわかると舐められるので、大仰な名前にしたり、立派なサイトを作ったり、ブログやコンテンツで複数の人員を匂わせたりと、工夫しています。

その一番のメリットは、固定費がかからないということ。

一人ですから、経営も営業もそして調査もすべて自分でやります。そうすると、調査員三名の事務所(在籍五名と仮定)の5分の1の固定費しかかかりません。

雑な計算で恐縮ですが、五名居る調査事務所が存続するのに必要な売上が『月300万』だとすると、その5分の1の『60万』でいいということです。

 

調査事務所の存続費用問題

例えば浮気調査の平均値を、『一件50万円』くらいと仮定します。

先の調査会社は、その調査を月に6件取らなければ潰れてしまいます。しかし、一人でやっている探偵事務所なら、月に一件でもなんとかやっていけます。

もちろん、そうそう調査依頼などたくさんあるわけではありませんから、月に三件しか仕事がないときもあるでしょう。

先の調査会社だと、そんなとき、単価を上げて『100万円』を見積もりに出さざるを得ないこともあります。

そういうとき、「うちは三名の調査員を食わせていかないといけないので、依頼料100万円かかります」とは言いません。「うちは一人でやっているちっぽけな事務所と違って、三名態勢ですから、調査力があります!」と言うはずです。

一人でなんでもこなすのは、不可能ではありませんが、とても大変です。

探偵にも、センスや責任感、経験や能力といった特別なものが求められます。

実際に、単独でやっている調査事務所で、レベルの高くないところも多々あります。三名態勢の調査事務所の言うことも間違ってはいません。

しかし、単独でありながらも、必要最低限のクオリティ(つまり法的に問題ないレベルでの報告書)を用意できる『特別な探偵』であれば、「固定費がかからない」というメリットは、業者サイド依頼人サイド双方にとって、とても大きなものとなるでしょう。

 

調査現場の計算式は『1+1=3』

しかし、自分も単独でひたすら現場をこなした経験から言うなら、一人ではやれることに限界があります。

例えば、交代ができませんから、トイレや食事や睡眠など生理的な問題に直面します(我々はロボットではありません)。

二箇所以上の離れた出入口を完璧にカバーするのも困難です。

運転・撮影・記録など同時に色々な作業をする負担も大きいです。

その点、二人はあらゆる面で一人を上回ります。手分けできる。協力できる。分業できる。交代できる。これらは、作業効率という点において、一人とはまったく比べ物になりません。

こと、調査現場において、熟練の調査員がコンビで動くことほど強力な態勢はないのです。

一人よりは絶対に二人。二人よりは三人、四人。これが調査の現場です。

そして、「『二人』というのが、人件費と依頼料金のバランスがもっともいい」というのが、私の結論です。

 

まとめ

今回記したのは、あくまで私の個人的見解です。

三名態勢でうまくいくところもあれば、四名態勢でも顧客満足を提供しながら維持できている会社もあるでしょう。

依頼人を食い物にするようなところ以外の探偵・調査事務所・興信所であれば、そこの経営方針は決して間違いではありません。

私の考えでは、『二名態勢』で、代表者が調査もこなせるところ(つまり、弊所、もり探偵事務所)が、一番調査力と料金のバランスがいい、ということです。

そして、一人でやっている(やれている)、最低限の調査力をもった料金の安価な探偵事務所が、その次。

三名態勢で、常識的な金額の調査会社がその次。(見積もりが信じられないくらい安いときは要注意です)

【二名 ← 一名 ← 三名 ← 四名】

これが、私の経験から見た現実的かつ効率的な調査態勢の順序です。

 

 

尾行・証拠撮影を得意とするもり探偵事務所は、福岡の私立探偵です。有能な助手と二名態勢で手掛けています。