ラブホの写真が証拠にならない!?

依頼人さまに最初に伝えること

浮気の証拠が欲しい。

―― そんな相談を受けた私が、最初に説明するのが、「どういう写真を撮れば、充分な『証拠』になるか」。

それは料金の見積もりにも関係してくる重要な部分でもあります。

「そんなの、ラブホから出てくる写真を一枚きれいに撮ってくれればいいよ(だから最低限の料金で)」……というのが依頼人さまの本音でしょう。

じつはこの『ラブホの出入り写真』がクセモノです。

なぜなら、「ラブホに入って出てくるツーショットのきれいな写真」を一枚撮っただけでは、浮気の証拠として不充分だからです。

具体的に言うと、ラブホの出入りの証拠写真は、一枚ではなく複数枚、最低でも二回分は欲しいところなのです。

 

『一枚』=『一回』では不貞と認められない

ラブホから浮気相手と一緒に出てくる写真。なぜそれを一枚撮っても、証拠として不充分か。

それは、一枚だけの写真では、「単に一度だけホテルに入った証拠」としか扱われず、「ホテルの中で不貞行為に及んだ」と判断する決め手に欠けるからです。

「入った」と「やった」はイコールではない、とされるわけです。

そんなことを誰が決めるか……?

法律です。もっというなら、いわゆる裁判官です。裁判官の判断は、法律用語で「判例」と言います。

法律的な判断は、その判例を基準としてなされるんですが、その判例において、「ラブホに一回入った」くらいでは不貞証拠……「つまり浮気相手とヤっちゃった」とは断定できないとされます。

じっさいに浮気されたほうからすると、「ハア? ホテル入ったらヤることヤるでしょ!? 意味わかんね」と納得いかないでしょうが、法律というのはあくまで中立的なもの。

中立とは、どちらの言い分も平等に認めることです。

だから、浮気した二人の、「ホテルに入ったことは認める。(写真があるからね……)でも、なにもしていない!」との苦しい言い訳も、ある程度は認めなくてはならないわけです。

そのある程度というのが、「一回くらい魔が差してラブホ入ることはあっても、何もしないで出てきた可能性も否めない」という……つまりは『出入りの写真一回分』なのです。

 

すぐ認める相手なら、一枚の写真でもオッケー

法律は、「一度ラブホに入っても、本人たちが『何もしていない』と言うのなら、その可能性も考慮してあげよう」と判断します。

「言い逃れのできないモノ=『証拠』」であるならば、「言い逃れの出来る余地があるモノ=『証拠とはならない』」のです。

だから、逆に言えば、言い逃れをしない相手であれば、一枚の写真で認めますから、それで充分となります。

しかし、世の中、あっさり自分のしたことを認める人ばかりではありません。

もしそうなら、警察の取り調べも、長々とした裁判も、紛争も調停も契約書も存在しないでしょう。

人はウソをつく生き物だからです。

人はウソをつくから、そのウソを打破するために『証拠』があるわけです。

証拠とは、「ウソつきを黙らせる必殺の武器」。武器だからこそ、完全無欠なモノである必要があります。

 

ホテルに入った二人の言い訳集

法律は相手の言い分も聞かなくてはなりません。では、ラブホテルに入っておきながら、いったいどんな言い訳ができるというのか。

以下、じっさいに私が聞いた代表的なものを挙げます ……

 

①「最初はエッチするつもりだったが、中に入って冷静になり、直前で止めた」

②「気分が悪くなって、ただ横になって休んだ」

③「(浮気相手の女が自分だけ逃げるため)男に無理に迫られ、しかたなく入った。でも拒否して関係は結ばなかった」

④「他人に聞かれたくない重要な話し合い(だいたい持ち出すのは『別れ話』)をするため、邪魔が入らない場所に行きたかった」

⑤「勃たなかった」

⑥「中でゲーム、カラオケ、運動(エロくないやつ)などをしていただけ」

⑦「勉強会」

⑧「片方は同性愛者だからそういう仲にはならない」

 

まだまだありますが、キリもないし、これ見てマネされても困るので、とりあえずこのくらいで。

 

ウソつきを黙らせるホテルの出入りは、最低2回、できれば3回以上

中には「ふざけてるのか」と言いたくなるようなひどい言い訳もありますね。

でも、浮気がバレた結果、様々なモノを失うかもしれないとなれば、どこまでも汚く、なりふり構わなくなるのが人間です。

依頼人さまは、通常そこまで考えて依頼なんてしません。

しかし、ベテランの探偵はこれまで何度もそういう人間を見ているので、「証拠写真はたくさんあるほうが絶対いい」と慎重に考えるのです。

さて、いくら法律が相手の言い分も聞く中立的なものと言っても、基本的には悪いことをした人間を裁くルールです。加害者の保護なんて目的にしていません。

浮気した人があの手この手でごまかそうとしても、「客観的・中立的判断により、事実を認定できれば」その言い訳は無効になります。

ラブホの出入りで言うなら、それが「複数回」という判断基準です。

中で勉強してようが、上司に無理やり連れ込まれようが、別れ話しようが、勃起しなかろうが、「ラブホに入る」という行為を繰り返せば、さすがにそれは『不貞行為』とされるのです。

肝心なのは『常習性』。つまり、何度も繰り返すということ。この回数こそが、証拠として非常に重要となります。

一回くらいは「魔が差した」と認めよう。でも、二度以上やっちゃったら、もう言い訳は出来ない。

そういうことです。

 

証拠はお金がかかってしまう

繰り返しこそが証拠となる。一回よりは二回。二回よりは三回。早い話がそれだけのことです。

でも、繰り返すことによって、料金もかさんでしまう……これが探偵の料金が高い理由の一つであり、浮気調査が抱える宿命です。

かりに、一回のホテルの出入りを撮る調査に15万円かかったとしましょう。(それでも決して高くないんですが)

単純計算して、二回なら30万円、三回なら45万円と、どんどん増えていきます。

ここに『空振り』や、タチの悪い探偵がよくやる『ムダな調査』が加われば、金額は天井知らず。

しかし、基本的には探偵は、依頼人さまの要望に応える仕事です。

依頼人さまが「ホテルの出入りを一回だけでいいから撮って。……いやいや、二回はいりません。一回だけで」と強く望まれるのであれば、そのようにします。

なるべく料金を抑えるため「一回ぶんでいい」と言い張るお客様に対し、「いや最低二回は必要ですよ」とは、なかなか言えません。

「この探偵、ボる気か!?」と思われるかもしれないからです。

 

それでもトータルで見たら、決してムダにはならない

探偵は大きくわけて二種類に分かれます。

依頼人様の指示通り、言われたことだけをやる探偵

どうすれば依頼人さまにとってプラスかを自分で考え、提案する探偵

どちらが正解とも言えません。前者に徹するのも、ひとつのプロとしての姿勢です。

けれど、もり探偵事務所のモットーは後者です。

それが、結局長い目で見たら依頼人さまの利益になると、経験を通じて知っているからです。

ここまで記したことを、私は面談のときにかみ砕いて説明します。一時間でも二時間でも。

知識も経験もない一般のお客さま相手に、知識も経験も豊富な探偵なら、そうするのが当たり前と私は思います。

でもそれが報われるとは限りません。

「ラブホ一回じゃ証拠として弱いですよ」なんて面倒なことを言い出す探偵より、よけいなことは言わず、「オッケーオッケー。じゃあ言われた通り、○月○日の●時~●時だけやります」と事務的な探偵のほうが、ウケがいいこともあるからです。

でも、その探偵の不充分な報告書を相手に突きつけた挙げ句、「それじゃ証拠として弱い」と分かり、依頼した探偵にクレームをつけたとしても、

「いやー。こっちは言われたことやっただけですわ」と責任逃れされることになるでしょう。(実際に聞いた話です)

 

今回のまとめ

長々と話しましたが、要約すると「ラブホの写真は一枚では足りない」と、これに尽きます。

それは探偵が、長引かせて料金を高くしようと悪だくみしているわけではなく、法律が「浮気した相手の言い分も認めよう」としているからです。

そこには、二つの問題点が生じます。

ひとつめは、その『相手の言い分』というのが、『めちゃくちゃな言い訳』というのが、圧倒的に多いこと。

そしてもうひとつが、「一回では証拠になりません。長く調査する必要があります」というのを口実に、ムダな調査をやって、不必要な料金をとろうとする探偵も(残念ながら)存在することです。

この二つを回避するにはどうしたらいいか。

これにもまた、二つの方法があります。

ひとつめは、もり探偵事務所に依頼してもらうこと

いや、ジョークではありませんよ。本気です。それが一番手っ取り早く、安全な方法と信じて、私は探偵を続けています。

ふたつめは、今回私が長々と記したことを、頼まなくても向こうから、ちゃんと丁寧に説明してくれる探偵・調査業者を選ぶこと、です。

 

 

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵です。依頼人様のため、面談では何時間でもお話いたします