あア探偵事務所

(「はじめましてのご挨拶」の修正記事です)

私の事務所の屋号「もり探偵事務所」は、代表である私自身の名をつけました。

実は、こういう調査事務所は意外にも少ないです。というか、ほとんどありません。

一昔前までは、「あ」から始まる探偵事務所・興信所ばかりでした。

「青」「赤」「愛」「相」などなど、「あ行」の漢字の事務所、もしくは「あ」がつく女性の名前、それから「ア」から始まる読みやすい横文字。

もちろんこれは偶然でもなければ業者に「あ」がつく女性がたまたま多いというわけでもありません。

かつて探偵事務所の宣伝・広告の9割以上が電話帳広告…いわゆる「タウンページ」だった頃の名残です。

 

電話帳広告の実態

電話帳広告は、支払う広告料によってスペースの大きさが決まりますが、同じ料金を支払った場合、あいうえお順で掲載されます。

つまり、「あ」で始まる事務所であれば、他の事務所よりも先に掲載される事になり、それだけお客様の目に止まりやすいという訳です。

女性名が多いのは、女性客が多い業界の性質上、その方が安心感を与えるからです。

さすがに最近の広告の主流はネットに移りましたので、昔ほど「あ」のつく探偵事務所ばかりでは無くなってきています。

しかし、自分の名をつける事務所はほとんどありません。

これは、探偵という秘密裏に行動する職業の性質上、個人情報の秘匿を徹底しているから……という理由にも見えますし、それもあながち間違いでも無いのですが、必ずしもそればかりとは言い切れません。

 

探偵に偽名が多いワケ

以前知り合った同業者で、斉藤(仮名)という名の探偵が居ました。

彼は自分一人だけでやっていたにも関わらず、名刺には「調査部主任 斉藤」と記していました。そして、「大村」という架空の代表者を設定していました。

お客さんとトラブった時の責任逃れの為に、わざわざ上司を作っていたわけです。

依頼人からクレームが来た時に、「申し訳ありません、代表の大村にしか分かりかねます」とか、「申し訳ありません、大村の指示で……」といった感じで逃げるわけです。

信じられない話ですが、実話です。

もちろん、探偵業界すべての業者がこういうタイプばかりではありません。真面目にやっているところが大部分です。

同業者の名誉の為に記しますが、個人名じゃないからといって、そこの事務所が100%インチキと言う事は絶対にありません。

しかし、「あ」で始まる屋号にしろ、本名を出さない事務所が多い傾向にしろ、架空の責任者にしろ、独特の慣習がある業界。それが探偵業界なのです。

 

森のやっている「もり探偵事務所」

2000年。私が探偵事務所を開業した16年前、医者や法律事務所と同じように、自分の名を冠しました。

「あ」から始まる名前とか、キャッチーな横文字とか、ウケの良い女性名とか、責任逃れの為の架空の代表者なんて、これっぽっちも思いつきませんでした。

ある意味では青臭く、探偵業界では変わり種だったのです。

技術や経験はベテランの域に達した今でも、私の中に業界の慣習に染まりきっていない部分が残っているのであれば、それが依頼人の方にとって良い方向に結びつけば、と思っています。

 

 

もり探偵事務所は、代表・森が尾行・証拠撮影を現場で手掛ける福岡県の行動調査専門探偵です。