『探偵にブランドはあるか』

どんな業界にも【ブランド】があります。

リーディングカンパニーと言われる【業界大手】。それから全国展開している【チェーン】。テレビやネットなどのメディアでの露出が大きい【有名店】。そして、地域密着で地元からの支持を受けている【人気店】。

しかし探偵はこのブランドが一般消費者から分かりづらい業界です。

大手といわれる調査会社や全国展開しているチェーンであっても、一般的な知名度はほとんどありません。

 

そもそもブランドとはなにか

ブランドとは、元々サービス全般をさす単語のことでした。

今では「一流品」や「高品質」の商品を示す言葉として使われています。

ブランドとは何か、簡単に言うと「露出度」と「認知度」です。世間に露出し、誰もがみんな知っているからこそ、ブランドとして成り立つわけです。

NIKEやマクドナルドのマークを知らない人間は居ないでしょう。スニーカを履かず、ファストフードを食べる習慣がないひとでも、です。

つまり、秘密裏に調査を行うのが業務である『探偵』と『ブランド』は、そもそも矛盾し、相反しているものなのです。

テレビでよく調査会社や探偵社をテーマにしたバラエティ番組があるようですが(ちなみに私はまったく見ません)、全国的に有名な探偵タレントなんてまず居ません。

仮にそういう人が居たとしても、それは客寄せパンダであって、現場にはまったく出ない人のはずです。

誰もが顔を知っている有名人に、尾行や張り込みは不可能だからです。

 

口コミ

また、【ブランド】とは、クォリティの高さの証明でもありますが、ホテルや飲食店であれば、質の良し悪しはすぐに分かります。口コミでの評価もはっきりするでしょう。

しかし、探偵業は、口コミが表に出てきにくい業界でもあります。

仕事の内容が個人のプライベートに関わる分野だからです。

私の経験上、例え依頼が成功しても、わざわざ周りの人にそれを宣伝したり、ネットで「ここの探偵に依頼したら上手くいきました」と書く人はほとんど居ません。

探偵に依頼した事は、例えプラスであっても、依頼人様にとってはあまり触れたくないデリケートな部分なのです。

よく考えてみてください。

非常に雑なたとえですが、例えば美容整形したひとがわざわざ病院の口コミに、「二重にしてもらったらすごく親切丁寧でした!」なんて、自分から書くでしょうか?

どうしても支払いに困って駆け込んだサラ金会社の口コミに、「金利はほかより低かったし、担当者はヤクザみたいな顔していたわりに親切で、なんとか金策を乗り切ったあと、お菓子を持ってごアイサツに行きました!」なんて書くでしょうか。

 

探偵業界のブランド

密室のような業界だけに、探偵会社のブランディングは難しいのです。

どうしても、「高い技術力や質の良いサービス」「良心的な仕事内容」ではなく、【立地のいい事務所】【目立つ広告】そして【インパクトがあるハイテク機材】【車や調査員を大量に配備しているアピール】になってしまうわけです。

依頼人の方にブランドをアピールする為に、事務所の高い賃料、ばく大な広告費、高い人件費や営業経費を発生させ、結果的にそれをお客様に負担させてしまっているのです。

これが、探偵業界の料金が高いカラクリの一つです。

しかし、逆の見方をすれば、立派な事務所を持たず、広告にお金をかけず、調査員も最低限という個人探偵事務所が経営を続けていくには、【高い技術力】と【良心的なサービス】、そして【顧客満足度】が必要です。

でなければ生き残っていけません。

無名で地味だからこそ、ブランドに本来求められる【質の高さ】が必要不可欠なのです。そこに、探偵のブランドの不思議があります。

個人の私立探偵事務所にとって、露出度が少なく、地道に続けていけてること自体が、なにより【探偵ブランド】の証と言えるかもしれません。

 

こちらの記事もどうぞ

【行動調査専門探偵誕生前夜】

【探偵の社会的地位】

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影に特化した福岡県の【浮気調査専門】の私立探偵です。