浮気調査の証拠とは

浮気調査を手掛ける探偵の仕事は【証拠】を確保することに尽きます。もり探偵事務所でも、この【証拠の確保】に最も力を入れています。

浮気問題は、法律用語で【不貞行為】と表現しますが、不貞行為とは【配偶者以外との継続的な肉体関係】とされています。つまり、不貞行為の証拠では次の二点を証明する必要があります。

1 肉体関係の有無
2 継続性

ドライブや食事というただのデートではなく、ラブホテルの出入りやお互いの家の出入り、車中での性行為という明確な肉体的接触を【映像】として確保する必要があるわけです。

(普通のデートシーンも、肉体関係を証明する証拠があれば、そのプラスアルファとして意味があります)

『一度きりでは証拠にならない?』

見落としがちなのが【継続性】。つまり、ホテルの出入りなどの写真は、【一度きり】だと証拠として弱いということです。

証拠にならないというわけではありません。しかし、一回だけだと、「つい出来心だった」とか、「酔った勢いで、ろくに覚えていない」など【言い訳する余地】を相手に許してしまう事になります。

中には、「ラブホテルには入ったものの、中でやっぱり裏切れないと思いなおした」とか、「EDで性行為は無かった」という事を平然と言ってくる相手も居るようです。

それらの言い訳は、常習的に2度3度とラブホテルに出入りする写真さえあれば通用しません。

ラブホテルに行かないと証拠にならない?

浮気カップルの中には、ラブホテルには一切行かず、愛人の家に出入りする人も居ます。

このような自宅の出入りだと、【=肉体関係】とは証明しにくく、「中で話をしていただけ」だとか、「一緒にDVDを見ていた」「食事をしていた」などという言い訳をされてしまいがちです。

それでも、【定期的】に【何度も】【長時間】出入りしている映像を確保する事で、明らかに【男女の仲である】として、ラブホテルの出入りと同様の証明力が認められます。ようは、立証の仕方次第というわけです。

万全の証拠の確保

浮気調査を依頼される方の中には、ごく短期間の調査を(出来れば1日)希望される方や、「一度でもラブホテルの出入り写真が取れれば良い」という方も居ます。

しかし、浮気調査の専門家として、理想を言えばある程度の期間を調査日として設け、可能な限り複数の証拠を確保する事をオススメします。

 

福岡・北九州・久留米・筑豊の浮気調査 探偵業務は もり探偵事務所へ

 

こちらの記事もどうぞ 【素人探偵にご注意】 【友人探偵の浮気調査 その1】