緊急の依頼

福岡県内だけでも多数ある探偵事務所・興信所。

出来ればじっくりと検討してご自分にピッタリのところを選んでもらいたいと思いますが、そうも言っていられない状況があります。

相談の翌日、あるいは当日に調査をする必要があるという「緊急の依頼」です。

 

調査可能かどうかの問題

この場合、「自分に合った業者」をと悠長なことを言っていられません。何よりもまず、調査が可能かどうか、引き受けられる業者があるかどうか、という問題になってきます。

「もり探偵事務所」の場合、前日であろうと当日であろうと、他の調査の予定でスケジュールが埋まっていなければ基本的には可能です。

どうしても緊急の依頼が必要な場合、とりあえず一分でも早くお電話ください。

 

調査員の本音

しかし、現場視点から本音を言えば、なるべく調査の実施日までにはゆとりをもたせ、しっかりと打ち合わせをする時間や、調査の準備期間を確保するべきです。

「調査を実施可能である事」と、「満足な結果を出す事」とは、必ずしも両立しないからです。

病院での手術で例えると分かりやすいかもしれません。

どんな名医であっても、病院に診断に行った日にそのまま手術なんてことはなく、必ず入念な検査や経過観察を経て、最も成功率が高い日取りをじっくりと選びます。

(そして、そうやって万全の体制で実施した手術でも100%成功するとは限りません)

しかし、救急で運ばれてきた場合、準備期間なしのぶっつけで手術を行うことになります。

その2つの「成功率」が著しく違うのは当然の事でしょう。

 

プロの探偵として

もちろん、プロの探偵として、たとえぶっつけ本番の困難な状況であっても、全力で調査にあたります。

これまでに何度も緊急出動要請を受けましたが、その都度、緊急の依頼としては十分合格と言っていい成果を出してきました。

ただ、調査の前に依頼人様と入念な打ち合わせをできなかった場合、「その依頼でもっとも力を入れるべき箇所はどこか」「依頼人様にとって必要な調査結果は何か」を十分に把握出来ないことがあります。

他にも、

1、調査相手の警戒度や、現場の状態、接触者に関する情報の充分な確認もできない

2、車のナンバー、住所などのデータの裏取りをする時間がない

3、失敗した場合の契約的な条件(キャンセル料や返金について)を確認する時間がない

 

……など、様々な理由から、ぶっつけ本番の緊急依頼は、本来あまりオススメしません。

さまざまな事情により、どうしても時間的余裕がない依頼人のかたが居ることは経験上理解しています。

しかし、可能な限り余裕をもってご相談いただければ、と思います。

 

余談

ちなみにまったくの余談ですが、私が手がけたもっとも緊急の依頼は、相談の電話から30分後に調査開始というものでした。

今からもう10年以上前の話で、当時はまだ「探偵業法」という法律が作られる前です。その頃は、契約書はあとまわしで依頼を引き受けることが可能でした。

私が相談の電話に出るなり、ものすごく焦った声で「今すぐ指定の場所に来られますか!?」と尋ねられ、その場所へと緊急出動しました。

到着するなり、道路に立って待っていた依頼人から、「車の窓越し」に依頼料金を手渡され、「あの車を追って下さい!」と遠ざかっていく車を指さされました。

ためらっている暇などありません。すぐに追跡を開始しました。依頼人と顔を合わせたのはわずか数十秒です。

お子さんが家出同然に家を飛び出す寸前だった、という親御さんからの切迫したご依頼でした。

違法性のある内容ではないと判断したから引き受けたとはいえ、これは例外中の例外です。

なんとか成功で終わったからよかったようなものの、さすがにあまりに無茶な調査でした。

 

 

 

緊急の調査依頼は もり探偵事務所へ