乱暴育成

ちょっと昔話を。

私が開業したのは、キリよく西暦2000年。コネなくバックなく、弁護士用語で言うところのソクドク(即・独)でした。

この業界によくある「別の調査会社で経験を積んだのち、そこの代表に嫌気がさし、あるいはそこがツブれて」からの独立じゃありません。

業界には、頼るべき先輩も、世話してくれるコネクションも皆無でした。

でも、幸か不幸か依頼はすぐに来ました。

大手やベテラン探偵が、自分のところでは出来ない、やりたくないヤバい仕事をガンガンまわしてくれたからです。

私はそんな裏事情を知らず、「ああ、駆け出しに仕事をくれるなんて、なんと面倒見のいい人たちだ」と感激しながら、一歩間違えば●●が●●して●●するようなシビアな案件を受け続けました。

 

今なら分かります。自分のところでやれば、手数料もかからず100パー売上になるのに、どうしてわざわざ金払って新人に丸投げするのか。

リスクが高すぎる、メチャクチャな仕事に決まってるからだっつーの。

それでも私はそんなメチャクチャな仕事をクリアしていきました。

もちろんメチャクチャ大変でしたが、若くして独立した世間知らずのうえ、探偵業界にまともなコネがなかったため、「それがどれだけ条件劣悪で、厳しすぎる仕事か」よく分からなかったのです。

探偵の仕事は厳しくて当然、ミッションインポッシブル上等! と逆にファイトを燃やしたくらいです。(なんと無邪気な)

おまけに、75点とれば上出来という高難度の調査で、私は90点をとりながら、100点じゃないことに難クセつけられていたのです。

65点しかとれない探偵に。

 

でも、平均点70点のテストで100点を目指すというハードなカリキュラムは、その後私を、どんな依頼が来ても潰れない探偵に叩き上げました。

初めてアクションゲームをする人間が、よく知らないまま最高難度に設定してしまい、それをクリアしてしまったため、そのあとどんなゲームをしても軽くこなせてしまう……そのようなものでしょうか。

もちろん、私自身だけのチカラではなく、様々な幸運も働いたのは否定しません。

致命傷スレスレの失敗も正直ありました。私の探偵歴における大失敗(覚えているだけで8件)も、大部分は最初の五年間に集中しています。

こんなデタラメな新人育成、今の若い探偵にはとても勧められません。(だから弟子もとりません)

けれど、駆け出し時代の、このムチャクチャな日々は、今思えば、どんな映画やマンガやゲームよりも刺激的で、面白く、かけがえのない、燃えるような毎日でした。

 

私に無茶振りしていた調査会社やベテラン探偵も、いつのまにか業界から消え、残っていません。いずこかに去り、今はなにをしているやら。

慕っていたわけでも、尊敬していたわけでもなく、むしろ品のない、ロクでもない人々だったように記憶しています。

それでも、キライではありませんでした。恨んでもいません。この気持ちに一番近い感情は……やっぱり『感謝』なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

もり探偵事務所は、こういうふうにして成長した、尾行・証拠撮影を得意とする福岡の私立探偵です。