プロとして選ばれた人間

自分の話に戻りますが、もし偉そうな自慢話に聞こえていたら申し訳ありません。

探偵になるための修行期間中、自分のような人間がまわりに何人か居ました。私同様、プロの探偵志願だった人々です。

そんな彼らから見て、私は、ひとりだけレベルが違って見えたそうです。

撮影勘、運転技術、尾行中の距離感覚、とっさの状況判断の速度、瞬間視の把握力……

探偵に必要とされる様々な能力を身につけるための修行・訓練期間中に、すでにそこには、明確な差があったということです。

(そして、実際、そのときの志望者でプロとして生き残れたのは私だけでした)

私自身は、真剣で必死だっただけで、周囲との差なんてまったく意識していませんでした。

そんなことはまわりと比較しても仕方ないことで、ただ、自分にプロの探偵としてやっていけるだけの素養がないと困る、とそれだけが頭にあり、夢中で訓練を積んだものです。

 

夢と挫折と

話を戻すと、私にとってヌイグルミの仕事は、探偵の訓練ほど真剣ではありませんでした。

だから、そんな私から見て、「いつかディズニーで踊ること」を夢見るその男性は、はるか雲の上の存在でした。

私は、あまり他人から打ちのめされたり、劣等感や敗北感を感じたりはしないタイプなんですが、その人の踊りとパフォーマンスには完全に圧倒されたものです。

「このひとは別格だ、絶対にプロになれる」……そう心から感じました。

(そして、同様の気持ちを私に持ってくれたひとが、探偵修行時代まわりに居たのでしょう)

しかし、それだけの実力と、たゆまぬ努力をかねそろえたその人でも、ディズニーのオーディションは絶望の壁だったのです。

何度も挑戦しては、オーディションで落選する日々。

あの、ほのぼのしたおとぎの国は、実際は難攻不落の城だったわけです。

 

リストラされる才能へのシンパシー

その後、その人物が無事にその壁を突破して夢を叶えられたかはわかりません。

もしそうなったとしても、中の人が表に出ることはないからです。

そうまでして到達した夢の果てですが、なかなかショッキングなニュースを目にしました。

今回の記事のメインテーマでもあります。

新型コロナの影響により、東京ディズニーランドの経営母体であるオリエンタルランドが、契約社員のダンサーや出演者に対して、配置転換や希望退職を求めているとのことなのです。

つまりは、リストラです。

私は、もり探偵事務所の経営者でもありますが、同時に自ら現場に赴き体を張る調査員でもあります。

COVID-19による予期せぬ経営不振によって、生き残りを賭けてさまざまな布石を打っていかねばならないということは痛いほど理解できます。

しかし、人生の大半を修練に費やし、潰しの利かない特殊技能に身を捧げ、数多くの難関を超えて、ようやくささやかで美しい夢を実現したダンサーや出演者たちを、そう簡単にお払い箱にしていいものかと思ってしまいます。

それは、自分がかつてヌイグルミ業界に少しだけ身を置き、見果てぬ夢を追い求めるキラキラした才能を目の当たりにした体験からでもありますし、また、探偵という偏った狭い世界で、特殊な技能を身に着けた調査員たちが、簡単にリストラされてクビを切られる悲劇を見てきたシンパシーゆえでもあります。

実際、リーマンショックの直後の探偵不況のときなど、業界の宝ともいうべきベテラン調査員たちが真っ先にリストラされ、営業や経営者だけが延命をはかったものです。

 

あの人たちはいま

私は幸運にも今も探偵を続けられていて、若き日に必死で身につけた探偵術やこれまで蓄積した調査の経験を、無に帰すような羽目には陥っていません。

しかし、ときどき思います。

探偵業界を去っていったあの人らは、今は何をしているのだろうと。

尾行・張り込み・撮影・聞き込み……そういったトガッたスキルが別の業界での別の生き方にすんなり流用できるとは思えません。

探偵をドロップアウトしてしまった彼らは、そんな調査技術を自分の中にそっとしまい込み、まったく別の仕事をしているのでしょうか。

同様に、夢の国を追われることになったダンサーたちは、その後、どうやって自分の人生に折り合いをつけていくのか。

それを考えると、なんとも言えない悲しい気持ちになるのです。

なぜなら、私にしても、探偵以外の生き方なんて、まったく想像もできないからです。

そんなとき、自分はどうなってしまうのか。抜け殻のように、燃え尽きた灰のようになってしまうのではないか……。

そう考えると、『夢の世界の崩壊と放逐』は、他人事ではありません。

 

尾行・証拠撮影を得意とするもり探偵事務所は、福岡の私立探偵です